Bridge between
Japan and London Business School

London Business School Japan Club London Business School
Japan Club

Sake Night 活動報告

2月16日に日本酒テイスティングイベント「Sake Night」を開催しました。

Sake Nightは、将来世界で活躍するLBSの学生に日本酒の良さや奥深さを知ってもらおうという目的で毎年開催しているJapan Clubのフラグシップイベントです。このイベントは、LBS全体のイベントの中でも特に人気が高く、準備した100名分の座席チケットは販売開始から5分以内に完売しました。

当日は、日本酒造組合中央会副会長の山名様の乾杯の挨拶と共にイベントがスタート。その後、イギリスにて日本酒のプロモーションに携わっておられる吉武様(Sake Samurai Association UK Representative)をはじめ、在英日本大使館、Tazaki Foods Ltd、World Sake Importsの方々に今年もご協力いただき、日本酒の市場や味の違いに関するレクチャーを実施しました。

提供した日本酒のラインナップは以下の通りです。

・澪(スパークリング)

・古式純造り(純米酒)

・鳳陽 蔵の華(純米大吟醸)

・Summer Snow(にごり)

・初孫(生酛 本醸造)

・西の関 1988(古酒)

・浦霞 梅酒(梅酒)

従来は日本酒のレクチャーやテイスティングがメインのイベントでしたが、今年は「どうやったら日本酒をロンドンでもっと普及させられるか」というテーマでLBSの学生にスピーチをしてもらったり、皆で掛け声を合わせて鏡開きを行ったりと、より参加者を巻き込み、皆でイベントを作り上げることを目指しました。

その結果、イベントをサポートしていただいた吉武様からは「日本酒をロンドンで普及させる上で参考になる良い示唆を得ることができた」、「これまでLBSのSake Nightを8年間にわたってサポートしてきたが、今までで最も盛り上がった良いイベントだった」などというポジティブなフィードバックをいただくことができました。また、生徒からは「LBSに入学してから参加したイベントの中で最も満足度の高いイベントだった」「もっと多くの生徒が参加できるよう年に複数回開催してほしい」などの声を数多く聞くことができました。

多様なバックグラウンドを持つ同級生との関わりを通じて、自分と異なる文化に触れることができるのはMBAの大きな醍醐味の一つです。自身が企画チームの一員となって日本文化を広める活動ができたことはとても貴重な経験となりました。特に、ヨーロッパにおける経済・文化の中心地ロンドンには、日本の文化を発信されている方々が沢山いらっしゃいます。そのような方々の力を借りることで、学生だけでは成し得ない規模のコミュニティ貢献ができることは、ロンドンという地でMBA生活を過ごす大きな魅力だと感じました。

一覧画面へー戻る