受験体験記No.13 / 私費 /経営コンサル

MBAカリキュラム

1.基本情報

  1. 職歴: コンサルティングファーム(コンサルタント4年)
  2. 留学形態:私費
  3. 英語・海外経験:ほぼ無し
  4. 受験校:Round2:LBS/ Round3:Cambridge
  5. 合格校(Waitlist除く):LBS
  6. GMATスコア: 750 (V41、M50)
  7. TOEFLスコア:109 (R30, L29, S23, W27)
  8. 奨学金:有(JASSO)
  9. LBSへのキャンパスビジットへの有無:有(2018年11月頃)

2. Why LBS?

英語圏&diversity

3. 受験スケジュール及び準備

  • 2017年 9月頃 MBA受験を思い立つ。先輩に話を聞いたりする
  • 2017 年11月頃 TOEFL勉強開始(大学生の時に海外大学院受験を少し考えていたことがあり、その際に102点取得していたので、復習程度)
  • 2017年12月 TOEFL 109点取得(提出スコア)
  • 2018年1月 GMAT勉強開始
  • 2018年2~3月 プロジェクトが忙しくなり勉強どころじゃなくなる 。体調を崩して人生初の内視鏡検査を受けに行く。このままでは受験準備が進まないという危機感をつのらせ上司にMBA受験を打ち明け4月に1か月間有給休暇を頂くことに
  • 2018年4月 1か月有給休暇取得 / GMAT勉強
  • 2018年5月 GMAT 750点取得(提出スコア)
  • 2018年6~7月 JASSOをはじめとした複数の奨学金の提出準備 / 順次提出
  • 2018年8月 仕事が少し暇になり、気が抜けて中だるみしてキングダムと3月のライオンを全巻読了
  • 2018年9月 LBS / Cambridgeのエッセー作成開始
  • 2018年11月 LBS / Cambridge キャンパスビジット、計10人程度のアルムナイの方に電話でお話しを伺う。学生・アルムナイの方にエッセーの内容の添削をしてもらい、内容を肉付けしていく作業を進める
  • 2018年12月 エッセー作成完了 / ビデオエッセイ・インタビューの準備開始
  • 2019年1月 LBSのRound2、CambridgeのRound3に出願 / 引き続きビデオエッセイ・インタビューの準備
  • 2019年2月 LBSのビデオエッセイ提出 / Cambridgeインタビュー
  • 2019年3月頭 LBSインタビュー / Cambridgeより不合格通知
  • 2019年3月末 LBSより合格通知

4. 使用教材、予備校、カウンセラー

  • TOEFL: 友人から譲り受けた某予備校の教材 、英単語3800
  • GMAT: 先輩から譲り受けた某予備校の教材(Verbal)、GMAT英単語、公式のOnline教材(有料の模擬試験購入)、マスアカ
  • エッセー:AGOS(主に日本語の奨学金書類用のエッセーの添削)、江戸義塾(学校提出用のエッセーの添削)

5. 入学後に感じたこと

学生の多様性から生まれる衝突・学びは得難いものだと実感しています。

6. 受験生へのメッセージ

①仕事で勉強時間がなかなか取れないような環境の場合は、職場の協力を得られるととてもプラスになると思います。
私のケースは、平日は全く受験準備に時間がさけず、土日のどちらか1日も仕事or体力回復に費やされていたので、最大で1週間に1日くらいしか受験勉強に時間を使うことができませんでした。上司の理解を得られ、4月に1か月間休暇をいただいたことで受験スケジュールにだいぶ余裕がうまれました。また、運悪くインタビューの時期とプロジェクトの繁忙期がかぶってしまったのですが、インタビューの前日/当日などは他のメンバーが仕事を請け負ってくれたりなど、非常に助けられました。
②面接は運の要素も大きいので受験校はあまり絞りすぎないほうが良いかもしれません。
③私費生の方は奨学金の応募も検討するとよいかと思います。大学の成績に自信があるかたはJASSOに応募することをおすすめします(大学の成績で足切りがあるため)。