Japan Trek 2019 – part 1/2

About LBS, MBAカリキュラム, 学生生活・イベント・クラブ活動

LBSの目玉イベントの1つでもあるJapan Trekを4/1-4/6に開催しました!!Trekの準備と当日の様子を、パート1とパート2に分けてお伝えしたいと思います。

Japan Trekとは?

毎年Japan Clubの日本人学生が中心となり、LBSの生徒とパートナー合計100人超を率いて約1週間日本を旅し、参加者に日本文化への理解を深めてもらうとともに、和食や温泉をはじめとした日本ならではのコンテンツを楽しんでもらうイベントです。

 LBSではこのように地域のクラブが率いる文化体験がメインのTrekのほか、プロフェッショナルクラブが率いる会社訪問・ネットワーキングが中心のTrek(例えばTech TrekだけでもParis Tech Trek、Berlin Tech(no) Trek、Silicon Valley Trekなどがあります)、その他StreamのSocial Rep.が企画するStream Trekなど、毎月のように世界各地への魅力的なTrekが開催されています。Trekは同級生との友情を深めたり異文化を理解するいい機会でもあるので、多くの生徒が積極的に参加しています。また、オーガナイザーとしては、100人規模のイベントを企画から実行まですべて自分たちで手掛けるMBAならではの機会が得られます(Coreの授業でLeadership論やOrganization Behaviorを勉強するので、それらを実践する場としても位置付けられるかもしれません)。

Japan Trek 2019

日程: 4/1 – 4/6 (前後移動日除く)

行先:京都2泊⇒有馬1泊⇒東京・白川郷・直島いずれかで1泊⇒東京2泊
         (※2日目は奈良への日帰り旅行Optionあり)

昨年は141名の参加者が、京都、奈良、広島、有馬、金沢、東京などの都市を訪問しました。今年は120人と人数を絞る一方、Tailor-madeをコンセプトの1つにし、全員での観光やディナーの時間は十分に取りつつも、行先やActivity、食事の選択肢を増やして個々人の興味に合わせてカスタマイズできる旅行にしました。例えばCoreの食事に加えて参加者の予算に合わせて価格帯の異なる8つのDinner Optionを用意したり、Coreのバス・ウォーキングツアーに加えて一日がかりのOptional Tourや数時間単位のActivityを8つ用意したりと、様々な組み合わせを楽しめるようになっています。

 準備

Japan Trekは毎年参加者からの満足度が非常に高く、“LBSで絶対に参加すべきイベント”としてよく話題に上り、入学前から参加を決めていた人もいたようです。代々受け継がれてきた高いクオリティとReputationを維持すべく、またLBS生とパートナーに日本の良さを十二分に知ってもらいたいという思いで、日本人オーガナイザー20名+Non-Japaneseアンバサダー5名で昨年9月から準備を進めていました。計16個のOptionと3つの行先(東京・白川郷・直島)のPlanの練りこみとロジ調整、学生へのPR、説明会の開催、ガイドブック作成など、オーガナイザー・アンバサダーが一体となって出発直前まで作業を続けました。

旅の様子

京都

1日目:Welcome partyでは鯛の姿造りや日本酒飲み放題に興奮気味の参加者。お店の人も引き気味の超ハイペースで日本酒の追加オーダーが入ります。

2日目:全員参加のコアツアーを開催し、嵐山、天龍寺、金閣寺、伏見稲荷大社と主要観光スポットを回った後、Optional Dinnerを挟み、締めくくりは丸山公園で夜桜を鑑賞しました。昼食は精進料理で、食材は何か、どのような時に食べるのか、など質問が飛び交いました。

3日目:Optional Tourとして、奈良への日帰り旅行に加えて、2つの京都観光プランを用意しました。奈良ツアーでは東大寺にて大仏を見学、道中鹿と戯れたのちに、日本酒のテイスティング、中谷堂の高速餅つきなどを見学しました。(当日Instagramのストーリーは鹿の動画で埋め尽くされました。)

京都ツアーの1つでは、着物をレンタルして寺社仏閣を回りました。Trek前は“着物似合うかな?”と少し不安そうだった参加者でしたが、写真の通りばっちりきまってご満悦。京都ツアーのもう一方では、平等院鳳凰堂見学の後、宇治での抹茶体験をし、最後に山崎蒸留所を訪問しました。有料テイスティングにて最も高価な響30年、山崎18年、白州18年を躊躇なく注文する参加者を見て、Japanese Whiskyの人気を改めて感じました。

有馬

3日目:それぞれツアーを終えた後は全員で有馬に移動し、温泉で疲れを癒しました。水着着用不可に最初はとまどいを見せる参加者もいましたが、露天風呂からの絶景を満喫した後は”amazing!!”の嵐で、喜んでもらえてよかったとほっとしたのを覚えています。その後は、毎年恒例の浴衣での大宴会です。やはりここでも日本酒の人気はすさまじく、サーブが追い付かない状況に。。。宴会のラストでは先日Tattooイベント(http://www.lbsjapan.com/archives/5362)で優勝を飾ったExile&DJ Ozmaダンスを披露させていただき、盛り上がりがピークに達する中、二次会のカラオケルームに移動。ホテルの全カラオケルームを貸切って全員で深夜までカラオケを楽しみました。

パート2に続く)