新キャンパス “Sammy Ofer Centre”が開校

実はこの日本語HPでまだご紹介していなかったのですが、2017年9月26日にLBSのロンドンに新キャンパスが開校しました。新キャンパスはSammy Ofer Centreという名称で、従来のメインキャンパスから徒歩5分程度、最寄り駅も従来同様Baker Street駅です。新キャンパスは旧Marylebone市庁舎を改築しているため新しい建造物ではないのですが、開校に向けて全体的にリノベーションが行われたため、中身は新品同様です。筆者はこの新キャンパスはなかなか気に入っています。

 

新校舎開校に投じられた費用の大部分は、LBSの卒業生からの寄付で賄われているようです。特に、現在イスラエル有数の実業家であるIdan Ofer氏からは” Idan and Batia Ofer Family Foundation”という組織を通じて£25milの寄付を受領しており、この金額はLBS史上最大の単独の寄付金とのことです。Sammy Offer Centreという新キャンパス名は、Idan Ofer氏の父であり、同じイスラエル有数の実業家でもある故Sammy Ofer氏に由来しています。

 

このSammy Ofer Centre開校によって、LBS全体のteaching spaceは約70%増加しました。新校舎はMBAのみならずMasters in FinanceやExecutive MBAなど多くのプログラムで利用されており、まさにLBSの新しい顔と言っても過言ではありません。新しい教室は明るくて広いため授業にも自ずと気合いが入りますし(たぶん)、自由に予約できる勉強部屋の数も多いため、グループ課題にも適しています(それでも試験前はかなり込み合いますが)。更に、大広間の自習室は荘厳な雰囲気が漂っており、不思議を集中力が高まる気さえします(と信じたいです)。Stream(=クラス)にもよるのですが、授業は従来のメインキャンパスで受講するものもあれば、新キャンパスで受講するものもあります。但し両キャンパス間は徒歩5分強ですので、仮に移動が必要な場合でも、30分間の休憩中に移動することは容易です。

 

個人的にはこの新キャンパスは、良い意味で従来のメインキャンパスと異なるため、相補的な関係を築いているように思います。具体的には;

‐ 従来のメインキャンパスは歴史と趣きを感じさせる建物(中でも裏側のRegents Park側から見た真っ白な校舎は感動的!)と広々とした芝生エリアが魅力的。特に夏場の太陽の下、芝生でBBQを行ったり、同級生と語り合ったりする瞬間は、ある意味で至福の瞬間です。但しこちらのキャンパスは大きな自習部屋や一定人数以上のグループで集まる大きめのスペースの数が限定的。また教室やその他設備も多少の古さは感じます(但しこれはこれで味があって魅力的です)。

‐ 一方でSammy Offer Centreは改築が終わった直後というだけあって、非常に近代的な外見かつ中身。教室やカフェなどの設備も綺麗で、教室や自習室のスペースにも比較的余裕があります。但し芝生スペースはなく、外気を感じられる中庭等のスペースも限定的です。一方で、大きな自習部屋やちょっとした広めのスペースも多いため、仲間同士での議論やちょっとした集まりにも使い勝手が良いです。

 

Sammy Ofer Centreのカフェスペースには常に多くの学生がおり、学生同士のコミュニケーション促進にも一役を買っているように思います。特に都市型のビジネススクールは学生が授業後に街にそれぞれ散っていくイメージが強いと思いますが、新校舎のお陰でそうした印象は余りありません。

 

筆者は受験時に学校訪問をしたのですが、その際のキャンパスの正直な印象は「やや小さめでこぢんまりとしており、トップスクールとしてはやや迫力に欠ける」というものでしたが、Sammy Offer Centreが加わったことで、逆にLBSの魅力が増したと確実に言えると思います。いずれのキャンパスからもRegent’s Parkは近く、晴れた日には参考書(もしくはCase Study?)をもって散歩をするには素晴らしい環境です。

筆者もいつか、母校に多額の寄付をして、どこかに名前でも刻める日を目指してがんばりたいと思います。

 

(写真:Sammy Ofer Centre正面玄関、教室内、及びキャンパス内その他)

sammy-ofer-centre_482x271SOIMG_3454[21135]SOC3SOC2SOC1

 

Financial TimesがLBSを4年連続で欧州No.1ビジネススクールにランキング。

期末テストの準備と、その後の解放感からやや時間が経過してしまったのですが、先日Financial Timesが”European Business School Rankings 2017”を公表し、LBSが4年連続で一位にランキングされました。

本ランキングではMBAのみならずEMBA(Executive MBA)やMiM(Masters in Management)などの学位プログラムに加えて、Executive Education Programmeも選考基準に含まれています。ランク付けに際しては、各プログラム単独でのFinancial Timesランキングに加えて、卒業後3年の平均給与や給与の伸び率、教授陣の多様性等を考慮しているようです。

 (参考)

LBSの公式HP:

https://www.london.edu/news-and-events/news/financial-times-ranks-lbs-as-the-top-european-business-school-1361#.Wj7Nq0x2tuk

ランク付けの方法論:

https://www.ft.com/european-business-schools/ranking-key

 

筆者個人としては、ランキングは細かな順位の変動に一喜一憂するものではなく、あくまでも経年変化や大きな流れを掴むものだと思っているのですが、一方でランキングを踏まえて優秀な学生や教授等が集まるのも事実だと思います。そしてその結果として、在学中の学びやネットワークの質が向上し、学校には研究資金も集まり、ますます学校の評価が高まり・・・という点に在校生としては益々期待したいものです。 

受験生の皆さんにとっても、受験校選定の際の基準に一つになるかもしれません。参考にして頂ければ幸いです。

 

学期中のインターンシップ

LBSの最大の特徴のひとつとして、プログラムの柔軟性があげられます。例えば、MBAでは卒業するまでの期間を15,18,21ヶ月の中から選択することができ、いろいろな生徒のニーズに対応できるような構成になっています。このフレキシビリティさを利用し、2年目の今期に授業を取らずにロンドンのTech Start-upでフルタイムのインターンシップをした経験を書かせていただきたいと思います。

 

プログラムの柔軟性

私はMBAに所属しており21ヶ月での卒業予定なので、2年目の学業に関しては比較的余裕のあるスケジュールになりました。そのため、似たような状況にある多くの学生は、各々自分の興味のある活動に勤しんでいます。私のように授業を一切とらず、ロンドンもしくは他国でフルタイムインターンに従事する人もいますし、授業を取りながら週に数日のパートタイムインターンや、もしくはクラブ活動に力を入れる人など様々です。クラブのプレジデントを2つ掛け持ちしているクラスメートは今学期ほとんどの時間をクラブでの活動(イベントの企画など)に費やしていました。また、中には毎週のように旅行で世界中を飛び回っている友人もいます(笑)。かといって、決して勉学を疎かにしているわけではなく、多くの授業では大量のAdditional readingが提供されますし、授業によっては実在の企業を顧客としたコンサルティングプロジェクトを行うものなどもあり、そのような授業を履修すれば相応の負荷、学びが期待できます。それ以外にも、LBSでは海外の多くのビジネススクールと提携しており、他国へ交換留学している生徒も多数います。この交換留学の機会の多さもLBSの魅力のひとつです。

このように、LBSではロンドンという立地も相まって、それぞれの学生が自分の興味に合わせて積極的かつ能動的に活動できるので、自分のやりたいことがある程度はっきりしている方にとっては最高の環境ではないでしょうか。

 

ロンドンのスタートアップ

ロンドンでは、ヨーロッパの中心なだけあり、数多くのスタートアップが生まれ、ひしめき合っています。特にテック業界はその中でも盛り上がっており、テクノロジー関連の仕事に従事する人の数は、金融業界で働く者の人の数を超えたとも言われています。LBS Career CentreのJob Boardでも、毎日のようにスタートアップの求人がアップされています(テックに限らず)。余談ですが、スタートアップの勢いに伴いVCの数も多く、そちら方面へ興味がある方にもロンドンは非常に魅力的な環境だと思います。実際、かなりの数の同級生がフルタイム、パートタイムを問わず、ロンドンのスタートアップ、VCでインターンをしています。

 

インターンシップ

私はAIビジネスに興味があり、今回、バイオメトリクス関連のAIを開発するスタートアップで、製品開発に携わりました。このスタートアップは先日シリーズAで$50mil強を調達した非常に勢いのある会社で、毎週のように新しい人材をリクルートしており、私が入社時には50名ほどだった社員も、インターンを終了する頃(12週後)には80名を超えていました。私自身はファイナンスの出身ですが、このようなこれまで経験しなかった業種、職種、環境に身を置けたことはMBA生活の中でも一番と言っていいほど大きな収穫であったように思います。

そもそも今回インターンをするにあたって、私は以下の2つを目的としていました。

  • そもそもAIとは何か、またそこに使われているテクノロジーはどのようなものかを可能な限り理解し、将来ビジネスに応用できるようになりたい。また、巷で溢れている、「AIに仕事が奪われる!」というような話がどこまでリアルなのか判断できるようになりたい。
  • 学生ではなく、社会人という文脈の中で、グローバルなリーダーシップを学び、身につける。LBSもダイバーシティな環境であることは間違いないが、学生活動と仕事では、ヒエラルキーの有無や個々人のモチベーションなどに違いがあると思った(どちらのほうが良いという話ではなく)。

1つめの目標に関しては、何となく概要を掴むことはできたかなと感じています。近年のAIブームの立役者は、deep learningと呼ばれる技術であり、またそれを支えるビッグデータの存在やコンピュータの進歩があげられます。deep learningに関しては日進月歩で研究が進んでおり、絶えず欧米の研究機関(有名大学やGoogleに代表されるテックジャイアント)が研究成果を発表しています。私が所属していたチームでは半数がPhDを取得しており、彼らがそのような論文を読み込み、製品に落とし込んでいく姿を間近にして、非常に知的好奇心を刺激されましたし、自分もその一端を担うことができ(末端中の末端ですが)勉強になりました。

一方、2つめの目的に関しては、まだまだ道半ば、むしろ2、3合目だなと思っています。今考えれば当然なのですが、初めての業界、職種でそもそものスキルが足りない中、いわゆる”リーダーシップ”を発揮をするのは非常に困難を極めました。そこで、まずは自らのやるべきこと完璧にこなしチームに貢献をすることを意識しながら、徐々に自分の仕事の領域を広げていく形で、貢献の幅を増やせるよう努力しました。一方で、今回私が所属していたチームのリーダー(プロダクトマネージャーに相当します)からは学ぶことが多くありました。まず驚いたのが、マネージャーが個々の業務に関して、かなり細かく精通し、かつスキルを有していたことです。私のチームは10人強で構成されており、同じチーム内とはいえ、その業務内容は多岐に渡り、それぞれが違った役割を受け持っています(アルゴリズムの開発、データエンジニアリング、テスト環境の構築、バックエンドなど)。そのそれぞれの業務に関して、マネージャーが課題発見、解決の道筋を立て、メンバーにコーチングしていた姿はとても印象的でした。実際、マネジメントする立場にありながらも、スキルの向上を怠らず、技術系のワークショップに参加したり、パートタイムでPhDの取得を目指しているようです。

また、個々人のパフォーマンスを最大化できるような環境づくりを怠らない姿勢など、マネジメントスキルも参考になることが多くありました。日ごろからチームメンバーとの会話を怠らないようにしているだけでなく、定期的にチームミーティングを開催し、個々人が詰まっているところはないか確認、もしあれば、適切な助けが得られるような組織運営には、スキルの不足している私も助けられました。また、プロジェクトメンバー内のひとりがご家族の不幸でチームを離れた時も、それによってボトルネックになる部分を即座に発見し、全体の締め切りを守れる範囲でプロジェクトの予定を柔軟に変更していた様子は、まさしくマネージャーとしてあるべき姿のように感じます。いわゆるマネジメントというと、どうしてもハードスキルは見過ごされがちですが、そのマネージャーはソフトスキルとハードスキルを両方とも高いレベルで発揮しており、自らが目指すべきロールモデルの一人となりました。

私は将来AI関連のプロダクトマネジメントに関わっていきたいと思い、このインターンにたどり着きましたが、その視点からも新しい発見がありました。ひとつには先にあげたようにマネジメントと言えど、技術に対する深い知識、理解が必要であること。そして、数多くの優秀なエンジニアと一緒に働き、その働き方を学べたことです。彼らは「ソフトウェアが世界を回している」という世界観を持ち、ワクワクを原動力に動いている人が多いように感じます。嫌な仕事をポジションパワーでさせることなどできませんし、もししようものならすぐに転職してしまいます。そのくらい彼らのような人材の需要は高く、だからこそ会社全体やマネージャーも働きやすい環境を作ることに注力しています。

 

まとめ

上記の他にも、ここではすべて書ききれませんが多くのことを学ばせてもらいました。スタートアップならではのスピード感、フラットで議論しやすい文化や、個々人の成果が見えやすい組織構成、柔軟な労働環境など、どこかで聞いたことがあるような話でも、それを実際に経験できたことは今後のキャリアの糧になると思います。私自身はインターンシップという選択をしましたが、先にも述べた通り、自らの興味を追求できる環境がLBS、ロンドンには揃っています。この記事がLBS受験を考えているみなさんに、少しでもお役に立てば幸いです。


MBAと子育て〜MBAとライフイベントの両立に悩んでいる女性の方へ

8月中旬にプログラムが始まって早3ヶ月が経過し、Term1が終わろうとしています。今学期はFinanceやAccounting、Macro/Microeconomics などコア科目の授業のみでしたが、日々たくさんの課題に追われ、あっという間に過ぎてしまいました。

 

さて、今回私からは “LBSにおけるMBAと子育ての両立”についてお伝えしたいと思います。今まさにキャリアとプライベート(特に結婚や出産などのライフイベント)、どちらか選ばなくちゃいけないのか、と悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。ご自身の人生の選択肢や可能性を考える上で、少しでも参考になればと思い、私自身が今経験していることや感じていることをご紹介できればと思います。

 

まずは簡単に自己紹介を。私は社費派遣で留学をしていますが、入学する直前の6月に第一子を出産し、7月末に渡英しました。私自身は 育休なしで復職、主人が長期育児休暇を取得して家族でこちらに来ています。渡英時に生後2ヶ月だった娘はありがたいことに順調に成長し、現在6ヶ月になりました。

 

出産する前はミルクで育てようと思っていましたが、いざ生まれて来た我が子を胸に抱いた時に、できる限り自分で授乳したいという思いが強くなりました。ということで、授業と授乳をどう両立するか夫と相談しながらなんとかここまでやってきた、という感じです。ちなみに、校内には授乳スペースが用意されていますし、搾乳して冷蔵庫に保管しておく事もできます。学校は学生の個人的な事情を考慮して、様々なリクエストに比較的柔軟に対応してくれるので助かっています。

 

毎日会うクラスメイトも「子供は元気か?」といつも声をかけてくれ、時にはイベントにも一緒に参加しています。パートナーや子供を含めて“LBSコミュニティ”の一員として受け入れてくれるカルチャーがとても気に入っています。

 

さらに、同級生には子供を連れて留学にきている女性も何人かいて、私のクラス(ストリームと呼びます)にも私を含めて3人ママがいます。ナイジェリア出身の女性は、2人の子供がいて平日は家族と別居、週末に郊外の自宅に帰るという生活をしています。中国出身の女性は、お子さんをナーサリーに預けているそうです。2人とも授業だけでなく、クラブや自身のブランド立ち上げなど本当に精力的に活動しています。彼らのパートナーや家族にも会う機会がありましたが、お互いの人生を尊重して協力しあっている姿がとても印象的でした。

 

私自身、MBA受験を決意するまでに、キャリアとプライベートの両立に何度も悩み、受験を諦めようかと考えた事もありました。しかし、今身近でそれぞれのキャリアの実現に向けて努力している同級生を見て、キャリアかプライベート必ずしもどちらかを選ぶ必要はない、やるかやらないか自分次第であり、強い意志と覚悟があれば、やり方はいくらでもあるんだということを感じています。

 

ロンドンという土地柄、学校内外で日々たくさんの面白いスピーカーイベントやネットワーキングの機会がゴロゴロ転がっています。優先順位づけがとても難しいですが、自身のキャリアや人生を見つめ直す貴重な2年間、家族にとっても刺激ある毎日にしたいと考えています。

LBSの教授5名がThinker 50 Global Rankingにランクイン!

2017年11月13日にThinker 50 Global Rankingが発表され、LBSから見事に5名がランクインしました。5名のランクインはヨーロッパの教育機関としては最大数です。LBSからは前回2015年にも6名がランクインしており、欧州トップスクールに相応しい評価を受けています。

 

Thinker 50 Global Rankingは“management thinking”の専門家として国際的に認知されているStuart CrainerとDes Dearloveによって2001年に創設されており、”To make the world a better place” という概念の下、2年毎に世界の”management thinker”を選出する由緒あるランキングです。中でも、以下の点を踏まえて選出されています:

–  Ideas have the power to change the world.

–  Management is essential to human affairs.

–  New thinking can create a better future.

(参考)

thinkers50.com/about/

 

今回、LBSからは具体的には以下の5名がランクインしています;

1.    Herminia Ibarra (20位): Professor of Organisational Behaviour

2.    Lynda Gratton(29位): Professor of Management Practice and leader of the Future of Work research consortium

3.    Gary Hamel (32位): Visiting Professor of Strategy and Entrepreneurship

4.    Tammy Erickson(37位): Adjunct Professor of Organisational Behaviour.

5.    Julian Birkinshaw(45位): Professor of Strategy and Entrepreneurship

(参考)

https://www.london.edu/news-and-events/news/lbs-academics-named-in-thinkers50-list-1353#.WhLVRUx2uIU

 

既にご存知の方も多いと思いますが、上記29位にランクインしており、近年ベストセラーとなった『ライフ・シフト』の著者でもあるLynda Grattonは、安倍政権が進める「人生100年時代構想会議」のメンバーにも既に起用されています。

(参考)

www.asahi.com/articles/ASK9532RXK95ULFA002.html

 

また、上記37位にランクインしているTammy Ericksonの授業を受講した学生からは以下のようなコメントを貰っています。

 

「London Business Experience (現在はLondon CAPに改編)でTammyの授業を受講しました。彼女のネットワークを活かし、欧州最高峰の芸術系大学であるRoyal College of Artsにて「デザインシンキング」を学ぶワークショップでした。Tammyは普段はトップエグゼクティブ向けコースを受け持っており(そもそも彼女レベルになるとあまり教壇に立たない)、この授業の視点も「デザインシンキングそのもの(考え方)」というよりも、「デザインシンキングを使って考える為の適切な「問い」の立て方」という、マネジメントの立場で必要となるもので非常に新鮮でした。大企業のボードメンバーも務めるなど実ビジネス経験豊富なだけあり、短い授業ながら非常に示唆に溢れた授業でした。」

 

従来からファイナンススクールと評されることが多いLBSですが、Organization BehaviorやStrategyなどの分野においても高い評価を受けていることが良く分かります。これらの分野にフォーカスしたい受験生の皆さんにとっても、LBSは魅力的なビジネススクールではないでしょうか。

 

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る