MBAで考える、「ずっと一緒にいたい」チーム、「早く帰りたい」チーム

5,6月のロンドンは本当に美しい。白鳥が泳ぐハムステッド・ヒースの池の周りで寝転ぶ人たちに混じっていると、自分のつまらない悩みなどどうでも良くなってしまうほどの美しさがあるし、小難しいテーマでも考えてみようかという気になる。MBAに在籍していて物凄く勉強になることは、「リーダーシップと人の成長」、とりわけ「刹那的な関係においてどのようにチーム・ダイナミズムを作り上げていくか」、ということ。

 

フレキシビリティを推すLBSには、グループワーク・クラブ・インターン等多様な機会が転がっている。一方でそれらの大半は給料が発生せず、かつ皆活動を掛け持ちしているので、誰もやる気を見せないチームになることもあれば、全員がプロアクティブに参加して信じられない熱量になることもある。仕事と違って義務も階層もないため、良いチームを作り・皆が成長する環境にするのは本当に難しい。

成功したもの・失敗したもの様々な案件を振り返って強く思うのは、全員の一挙手一投足が強く見られておりそれによって人のモチベーションは大きく変わるということ。例を挙げると…

・グループワークにおいて、クライアントに短期間でどのように価値を出せるか、という前向きな話で3人が盛り上がり議論開始。そこに遅刻してきた1人が「授業なんだから簡単に終わらせようぜ」と椅子をブラブラさせながら発言。皆沈黙。モメンタムは崩れ最後まで戻らなかった

・一人が提案した案件。最初は実現の難しさからみな消極的だったのだが、別の一人が「こんな風に捉えれば面白いんじゃないかな。さっそく調べてみる」と笑顔で話して以降、全員が前のめりで信じられないアウトプットが完成。そのまま優勝

・チームでの議論。リーダー格が忙しさにかまけ、顧客満足ではない尺度(自分たちの論理)を顧客に提案しようとしたたった一つの発言で、メンバーの心が完全に離れる

 

この一挙手一投足の重要さにおいて、特に自分がリーダー格で関わる場合、この顧客のため・地域のため、等プロジェクトの意義深さを共有できること、加えてその案件の「各メンバーにとっての意味合い」を語れることが肝要であると感じている。(あなたの志と間接的にこう繋がるよね、過去の経験と全く違うこのロールをやることでこう成長できるよね、等)そして前提として、言行一致・一貫性(誰に対しても同じように真剣・前述のビジョンと相反する発言をしない等)が必要であるのは論を俟たない。

 

次は、僕自身は何一つ出来ていないことであるので会社の先輩の受け売りになってしまうが、「自身がチームから憧れられる何かを持つ」ことの重要さである。それと相反するようだが、「自身も発展途上であることを強く自覚する」ということも必須であると感じさせられる。こちらも例を挙げると…

・僕が学生のメンティーに対し、経験値が違うからか、あるいは愛情からか、「こうしたほうがよい」を超えて「こうすべき」のようなトーンで提案をしすぎ、心が離れてしまい頼ってくれなくなった

・インターン先の社長・副社長。彼らのビジョンは常に未来を向いており、この人達と一緒に未来を作っていきたいと思わされる。それと同時に、若造の私に常に意見を求めてくれ、かつ「君と話すと大変学びになる、信頼しているぞ」という姿勢を前面に示してくれる

・クラブ活動においてあまり時間を使わない一人がクライアントミーティングに参加。そこで目にしたものは、CEOが持つビジョナリーな発想と現状に満足せずアドバイスを求める姿勢、それに呼応して必死にサポートを行うマネージャ。その後そのメンバーは人が変わったように成長・貢献

といったことがあった。

 

僕が大切にしている概念に、「数週間・数ヶ月で人は変わる」というものがある。誰しも、先輩にかけてもらった一言、あるいは周囲へのアドバイスで、自身や周囲が「人が変わったように」成長した姿を見た経験があると思う。一方で、「どのようにチームと接すれば周囲の成長の手助けとなれるのか」という「リーダーシップと人の成長」については、正解もなければ、日常の仕事で試す機会も限られる。その上でMBAは(ほぼ)ノーリスク環境下で、自分の様々なリーダーシップの型やチームダイナミクス作りを試すことができる(細かいグループワークを含めれば、年間20以上の異なるチームと協業可能)、ということが、個人的には座学や学位以上に貴重であると考えている。

 

もし読者のみなさまが、「閉じた環境なのでチーム作りやリーダーシップの考えが狭まる」あるいは「制度上、リーダーシップポジションまで時間がかかる」等の問題意識をお持ちであれば、MBAというのは良い選択肢の一つになると思いますし、その上で多様な活動に従事できるLBSを選択頂ければ本当に嬉しいです。

Japanese Sake Night 2018

かなり投稿が遅くなってしまいましたが、2月末に日本酒のテイスティングイベントである”Japanese Sake Night 2018”を開催しましたので、投稿させて頂きます。

 

LBSの最大の強みは”Diversity”ですが、まさにこの点に関連してLBSでは各国の学生が各国の強みを生かして自国の文化を紹介するイベントを数多く開催しています。特にロンドンにあるレストランを使ってLunchやDinnerをアレンジするFood系イベントは最たるものです。

 

Japan Clubでも、ロンドンにあるお好み焼き屋のDinnerをアレンジしたり、雅楽&日本装束のイベントや今回の日本酒のイベントを開催したりと、積極的に日本文化をLBS Communityに発信することを心がけています。

 

 “Japanese Sake Night”は一昨年の10月に開催し大好評だったイベントで、前回同様、イギリスにて日本酒のプロモーションに尽力されている吉武様(Sake Samurai Association UK Representative)をメインスピーカーとしてお招きすると共に、在英日本大使館、Brewery(明石酒醸造)、Importer(World Sake Imports)の方にもご出席頂き、日本酒に関するミニ講義、6種類の日本酒のテイスティング、多種類の日本酒によるフリーテイスティングを実施しました。

 

<ティスティング用日本酒>

1)スパークリング(明石鯛 純米吟醸発泡酒)

2)大吟醸(明石鯛 明石)

3)純米吟醸(賀茂泉 朱泉)

4)にごり吟醸(賀茂泉 純米吟醸生原酒 “Summer snow”)

5)古酒(賀茂泉 2年古酒 “Red maple”)

6)梅酒(明石鯛 白梅吟醸)

 

関係者も多く、開催内容に関する打ち合わせ・場所の設営・ケータリング対応(寿司やおつまみ等)・プレゼンテーション資料の作成等、事前準備は相当に大変ではありましたが、当日は約80名に参加頂き、寿司等の日本食を楽しんでもらうと共に、日本酒の種類(味)の違い、奥深さを理解してもらうことが出来ました。また、予定時間を過ぎても参加者が会場内に留まり飲み続け、約80本準備した日本酒がほぼ全て無くなる等、前回に続き大盛況で終えることが出来たと感じています。ご参考ではありますが、参加者アンケート(平均満足度9.41点、10点満点)のフィードバックの一部をご紹介させて頂きます。

 

 

<Feedback>

‐Its yummy!

-Sparkling sake was amazing!

-Amazing experience!! I absolutely loved it, learned a lot, and thought it was organized extremely well.

-Nice diversion from normal alcoholic beverages.

-Fun, tasty, & educational!

-One of the best events at LBS!

-Fantastic organization by the Japan club, so so professional!!

-Value for money and lot of fun and learning.

-Really fun environment and learnt at same time.

 

“LBS”・”日本”のイベントと考えると、ほぼ間違いなくJapan Trekが連想されますが、私達としてはJapan Trekに限ることなく、様々な形で日本文化、歴史等を発信し、日本のPresenceを高めていきたいと考えており、直近ではWhiskey Eventの開催も予定しています。

 

最後に、今回ご協力頂いた皆様に改めて感謝を申し上げると共に、より一層日本の”ファン”を増やせる様、一日本人として引続き努力して参りたいと思います。

sake1sake2sake3sake4sake5sake6sake7

リンダグラットン教授への質問を公募します

読者のみなさまこんにちは。LBS現役生からのご案内です。

 

今年MBA 1年目の女性同級生2名で日本の20~30代キャリア女子へ向けたポッドキャスト配信を始めました。キャリアとプライベートの両立や、これからの人生に向けて悩んでいる方々に、各方面で活躍されている素敵な女性へのインタビューを届けるのがメインコンテンツです。

 

ホスト2名もまだまだ人生の途上、リスナーのみなさまに番組を届けながら我々も一緒に学ばせて頂きたいと思っています。

 

この度、我らがリンダグラットン教授にも番組でインタビューさせて頂くことになりました。

とても貴重な機会なので、番組の中でリンダに聞く質問を公募させて頂く事にしました。なんでも構いません。奮ってご応募ください。

 

質問内容の投稿(締切3月25日(日) 23:59)⇒こちらから。

 

ポッドキャスト視聴⇒こちらから。

 

リンダグラットン教授はどんな人?⇒こちらから。

 

日本文化イベント開催 Feel the Japanese Tradition – Gagaku & Shouzoku

この度LBS学内(新キャンパスSammy Ofer Centre)にて、雅楽と日本装束に関するイベントを開催しました。

当日ははるばる京都より、笙奏者の井原季子さんと装束師の吉田恒さんをお迎えし、衣紋(えもん、装束の着付)実演、雅楽の生演奏、そしてお二人によるプレゼンテーションを行っていただきました。

プレゼンテーションでは、笙・雅楽・日本装束の基本的な解説に加え、歴史・文化的背景や、日本人の生活・価値観との結びつきといった奥深いテーマについてじっくりお話をいただきました。

たとえば、

・当日井原さんが着用された装束には、雷をモチーフにした紋様が織り込んであるが、良く似た紋様がケルト文化の中にもありこれらの元を辿ると近いルーツがある。雅楽・装束とも元々大陸から伝わった要素が多いこともあり、太古の昔の日本と世界の結びつきを知ることができる。

・独特の意味合いを持つ雅楽の楽器(例えば笙は「天から差し下ろす光」)や自然現象や動植物をモチーフにした装束の紋様を通じ、日本人は自然に対して抱く畏れや敬意を表現している。

といったお話は参加者の関心を強く集めました。

またイベント後には参加者による装束体験も行い、大変盛り上がりました。

LBSでは日ごろから様々なクラブがゲストを招いて講演会が行っていますが、文化にフォーカスしたものは珍しく、今回は特にテーマの珍しさもあって多くの方に参加してもらう事ができました。

 

今後もJapan Clubでは、日本にまつわる様々なイベントを開催していく予定です。

井原さん・吉田さん、またご来英をコーディネートいただいた稲井田さん、ありがとうございました!

 

https://www.tokikoihara.com/

http://www.shouzokushi.com/

 

gagaku2 gagaku1

 

Londonというロケーションについて

全世界3億人のLBS日本人在校生HP読者の皆様、こんにちは!

MBA2019のSです。

皆様は今頃2ndラウンドでアプリケーションを提出されて、これから各校の面接対策!という段階でしょうか。それとも3rdrラウンド以降、あるいはMBA2021のアプライを検討されていらっしゃる方でしょうか。何れにせよLBSを受験される際に、避けて通れないWhy London?(意識高い系書籍風にいうと『なぜ一流企業と各国のエリートはロンドンにあつまるのか?』)について、自分なりに考えてみましたので、共有させていただきます。極めて簡単な記述ですが、ご参考になれば幸いです。

 

(1)プログラムの観点

MBAでは大抵の学校で外部企業へのコンサルプロジェクトが授業や課外活動の一環として提供されています。しかしながらその実態の多くは地元の商店や中小企業が対象、というケースも多いと聞きます。

他方、LBSはLondonに位置していることから、この点が大きく異なります。MBA1年次のTailored Coreにて選択可能なLondonCapでは、某EC世界最大手や某国営放送局からテック系スタートアップまで業種、規模共に様々な企業が対象になりますので、自分の興味にあう対象を選ぶことができます。また、Elective(選択科目)ではStrategy Labにて同様に外部企業へのコンサルティングプロジェクトに従事することができます。(尚、Strategy LabはA.T. Kearneyのサポートによって行われ、Chicago Booth等他校でも同様のプログラムがあるそうです。)

課外活動でもImpact Consulting Clubや欧州の有力VCであるSeedcampとのLBS共同コンサルプログラム等、ロンドン周辺のアーリーステージスタートアップと直接仕事ができる機会が数多くあります。

また、大企業やスタートアップによるプレゼン(プレゼンターは主に各種プログラムの卒業生)も頻繁に開催されており、MBAに在籍しながら各業界のトレンドをキャッチアップすることができます。ほぼ毎日何かしらの企業イベントが行われており、魅力的なイベントの時間が重なって苦渋の選択をすることも多々あります。(個人的にはPE系とTech系が被った時に悶絶することが多いです)

 

(2)インターンの観点

既述の内容と被りますが、Londonは、金融・Fintechの中心地でありますし、その他大企業の欧州拠点も集積しております。よってLBS生の間では、サマーインターンは勿論のこと、学期中のパートタイムインターンもとても盛んです。純ドメ日本人が当地の企業でインターンをすることは決して簡単ではないですが、過去にも例は多く、チャンス(特にフィンテックをはじめとするスタートアップ)は無数にあるため、『数を打ちやすい』という意味でも非常に魅力的と言えます。

社費留学の方の中には、『転職する気はないし、折角なのでインターンは現地でしたい!』と思っている方も多いと思います。例えば銀行員であれば、フィンテックでインターンして最先端のトレンドを学んで、留学後の実務に活かすということも、モデルとして良いのではないでしょうか。

 

(3)生活の観点

MBA受験中は余裕がなくてあまり深く考えない(私だけですか?笑)生活環境についても、ロンドンはお勧めです。ここではカテゴリーに分けて説明いたします。

 

【既婚・子供持ち】LBSからバスで10分ほどのところにあるSt John’s wood、通称センジョン)は日本人の駐在員が山ほど住んでいます。日本クラブには日本人の医者が数名常駐しておりますし、周辺にはリージェンツパーク(広大な自然公園)、保育園、日本食材店など大抵の生活には困らない素晴らしい地域となっております。学校にも歩いて行けるので、LBSの日本人の多くもここに住んでいます。ロンドンとは思えない、ゆったりとした時の流れの中で優雅な生活が約束されています。

 

【既婚・子供なし】London自体は当然大都市なので、シティライフを楽しみたい若夫婦は、Marylebone high streetなどが学校から遠くなく、且つオシャレなエリアです。(独断と偏見)。学校が終わった午後や週末は数あまたの美術館や博物館を巡るもよし、Oxford CircusやPiccadilly Circusあたりにショッピングに行くもよし、レストランやバーに行くもよし(ロンドンでもお金を払えば美味しいところはたくさんあります笑)。

旅行好きにもロンドンは最適のロケーションです。欧州各国は数時間、ちょっと足を延ばせば中東やアフリカも行けてしまうので、週末ちょっと思い立ったからイタリアにパスタを食べに行く、なんてことも楽勝です(文字に起こすと、とてもイラっとする行動ですが)。でも、お高いんでしょ?いえいえ。LCCとAirbnbを活用すれば、コストを掛けずとも色々なところをまわれます。奥様が退屈するということは、決してないでしょう。

 

【独身】『書を捨てよ、町にでよう』とはまさにこのこと(当該書籍を読んだことがないので、タイトルからのイメージです)。自分の時間がたくさんあるので、同級生と飲み歩いたり、他校の方と『異業種交流会』をされたりするも良いでしょう。

前項に共通しますが、旅行もお勧めです。特に、LBSの学生主導で頻繁に行われるTrekがとても魅力的です。純粋な遊び系から、キャリア系(中東やアジアなど、特定地域にフォーカス)、産業系(ダブリンやイスラエル、ベルリン等へのTech Trek、イタリアへのAutomotive Trekなど)、歴史系(ポーランドのWW2 & Holocaust Educational Trekなど)など枚挙に暇がない無数のTrekが欧州は勿論のこと、世界中で開催されます。こういったTrekに参加することは独身の特権ですし、MBAの醍醐味でもあります。

 

(4)その他の観点

皆さんのイメージ通り、英国はPub文化。何をするにもPubです。実は新橋あたりと変わらないですよね。そう、「ちょっと一杯やっていく?」がロンドンでは当たり前なのです。LBSも御多分にもれず、授業や部活後、あるいはイベントの打ち上げ等で頻繁にPubに行きます。日本人の間では、『LBS=クールな学校』というイメージが結構あるようですが、実際は意外とわっしょい系なんじゃないでしょうか(多分に主観が入っています)。兎に角何も食べないで飲み続けるので、途中で抜け出してご飯を食べてから、戻ってまた飲むということもよくやります。当然Pubでもハンバーガー等食事は可能です。また、市内のPubをめぐる(要ははしご酒)Pub Crawlはイギリスならではです。

 

以上、4つの観点からロンドンの魅力を考えてみました。これを読まれた皆様は更にLBSに魅力を感じていただけたのではないでしょうか。もっと詳しく話が聞きたい、という方は、フォームから是非お問い合わせください。

 

1 2 3 4 5 6 17
(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る