Executive MBAについて

Executive MBAはフルタイムで働きながら20ヶ月でMBAを取得するプログラムで、4つのコース・6つのクラスがあります。

  • Executive MBA (London) (September intake / January intake): LBS単独のプログラムで1年目のコアコースはロンドンで隔週金土に行います。9月入学と1月入学があります。
  • Executive MBA (Dubai) (September intake / January intake): LBS単独のプログラムで1年目のコアコースはドバイで毎月4−5日のブロックウィークで行います。9月入学と1月入学があります。
  • EMBA-Global Americas & Europe: LBSとColumbia Business Schoolの共同プログラムで1年目のコアコースはロンドン・NYで毎月4−5日のブロックウィークで行います。5月入学のみ。
  • EMBA-Global Asia: LBSとColumbia Business School・Hong Kong Business Schoolの共同プログラムで1年目のコアコースはロンドン・NY・香港で毎月4−5日のブロックウィークで行います。5月入学のみ。

 

7-22年の職務経験が求められるため、フルタイムMBAと比較して年齢層は高めで、30代を中心に40代・50代の生徒も見られます。また、キャリアを中断せずに通学できるため職業バックグラウンドは多様で、金融・IT・コンサル等の他、ヘルスケア・資源・建設・不動産・メディア、弁護士・医者・経営者等幅広い生徒が見られます。金融は最も多いセクターであるものの、トレーダー・セールス・IT部門等とMBAと関連の薄い部門が多いように思われます。

働きながら通うため、EMBAは各地域周辺の在住者が多い傾向にあるようです。ロンドンのコースはロンドン・欧州在住者が中心で出身地も欧州・インド・中東が多く、フルタイムMBAと比較して日本を含むアジア・米州出身者は非常に少ないです。

 

カリキュラムは、1年目は15のコア科目(Understanding General Management, Executive Leadership, Managerial Economics, Financial Accounting, Developing Effective Managers and Organizations, Corporate Social Responsibility Ethics, Date Analytics for Management, Understanding International Macroeconomy, Corporate Finance I & II, Strategic Management, Decision and Risk Analysis, Marketing, Operations Management, Developing Entrepreneurial Opportunities, Managerial Accounting)、2年目は6-8の選択科目、1年目後半~2年目前半にGlobal Business Assignmentがあります。

選択科目はAccounting, Economics, Finance, Management Science and Operations, Marketing, Organisational Behaviour, Strategy & Entrepreneurshipの分野の70以上の科目から選択でき、他コースの学生とともに学びます。ロンドンの他、ドバイ校舎で学べる1週間のコース、Columbia Business School等提携校で学べるチャンスもあります。

Global Business AssignmentはDubai, China (Beijing), South Africa (Cape Town), Argentina, Mexicoから1地域を選択し、1週間のプログラムに参加します。South Africa・Mexicoはコンサルテーションワーク、その他は現地企業等に訪問します。

 

Applicationは、CV・卒業証明・語学能力証明、リファレンスのコンタクト先、エッセイ、GMAT又はExecutive Assessmentのスコアを提出します。Executive AssessmentはGMAT の負担を考慮し、2016年より導入されたシステムです。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る