Masters in Financeとは

ロンドンビジネススクールのMasters in Finance (MiF)は、ファイナンスプロフェッショナルに不可欠とされる高度な実務スキルを10ヶ月間 (パートタイムは22カ月間)という短期間で集中的に学び、修士号 (MSc in Finance)を取得するプログラムです。入学者数もフルタイムが約120人、パートタイムが約70人と、少数精鋭となっています。

MiFは、世界各地の金融機関などで働き、既にファイナンスのバックグラウンドを有するビジネスマンからの「より広く深く体系的にファイナンスを短期間で学びたい」というニーズに応える形でスタートしました。

MIFは、広い意味におけるファイナンスプロフェッショナルが実務において直面する新たな問題に対し、柔軟かつ創造的に挑戦できるよう、徹底的に鍛錬することを目的にしています。具体的には、4つの必修科目を通じて、ファイナンス実務の基盤となる基本的なアプローチおよびビジネスリーダーシップについて修得した後、約30科目程度の多彩な選択科目の中から自分のキャリアゴールに即した7~10科目を選択し、極めて実践的な内容を集中的に学びます。選択科目の一つとして、本プログラムを通して習得した知識・技術を、プロジェクトと呼ばれる修士論文として応用することが求められます。
これらの講義やプロジェクトの指導は、ファイナンスにおいて世界的な名声を有し、実務にも精通したロンドンビジネススクールの教授陣によるものであることは言うまでもありません。また、選択科目はCorporate Finance、Financial Engineering、Asset Management、Private Equity /Venture Capitalと非常に多岐に渡るとともに、Core Coursesで学んだアプローチを実務に応用することを目的とした内容となっており、卒業後、幅広いファイナンス関連の業務にそのまま生かすことができます。

以上のような充実したカリキュラムに加え、チャレンジ精神にあふれ多様なバックグランドを持つプロフェッショナルな学生が世界各国から集うことが、MiFの大きなもう一つの魅力です。銀行、証券会社、ヘッジファンドといった金融機関のみならず、中央銀行、政府機関、事業会社、経営コンサルタント、会計士、格付機関、弁護士、非営利団体等で、平均6年程度の実務経験を有する生粋のファイナンスのプロフェッショナルが、お互いの豊富な経験から最先端の実務を無数のグループワークを通して学び合うという素晴らしい環境です。世界における最先端のファイナンスを日々体感することができることから、金融機関等において実務経験を有する方にとっては特に有意義なプログラムといえるでしょう。 また、選択科目、クラブ活動、各種イベントを通じ、ロンドンビジネススクールMBA 等のの他のプログラムと交流する機会も豊富です。

以上のように、MiFは、①金融機関等において実務経験を有し、短期間で実務に即したファイナンスを体系的に理解したい方、②金融工学やM&A、Private Equity等のDealなど、高度なファイナンスの知識が要求される仕事での勤務、転職を予定されている方、③ファイナンス以外の分野における実務経験や学識を有する方で、実務に即したファイナンスを短期間に集中して学習したい方等に最適といえるでしょう。

MiFの必修科目


MiFの必修科目は、、Investments、Financial Accounting and Analysis、Corporate Finance and Valuation、およびPersonal Assessment and Developmentから構成され、9月上旬から12月上旬までの間受講します。

Investments

基礎的な現在価値計算に始まり、Fixed Income、Stock Valuation、ポートフォリオ理論、CAPM (ファーマフレンチを含む)、オプション価値計算 (ブラックショールズを含む)までの広範にわたる内容を、9月上旬から10月中旬までの1カ月半で集中的に学びます。授業は週2回およびTeaching Assistantによる週1回の補講があります。これに加え、毎週大量の課題が課されるなど、質・量ともに大変ハードな授業ですが、課題を通して効率的に知識を身に付けることができます。教科書は、Zvi Bodie、Alex Kane、Alan J. Marcus、McGraw-Hillによる「Investments」を使用します。

Financial Accounting and Analysis

Pre Moduleでの基礎的な会計知識があることを前提に、収益・費用認識等の財務諸表論、退職給付やリース等のオフバランス会計、税効果会計、資本会計、連結会計、企業結合会計までの広範にわたる内容を、USGAAPおよびIFRS双方をカバーしたうえで、広くかつ深く学びます。授業は週1回で9月中旬から12月上旬まで3カ月弱で集中的に学びます。また毎週、実際のケースを元にしたグループ課題提出があり、様々なバックグラウンドの、経験豊かなスタディーグループメンバーとともに結論を導くため、実際の企業経営を意識した深い議論をすることができます。加えて、授業で取り扱った内容に関連する時事トピックの提出もあり、選ばれたトピックについては、クラスの中で学生がプレゼンを行うこととなっています。なお、教科書はStickney and Weilの「Financial Accounting: An Introduction to Concepts, Methods and Uses」を使用します。

Corporate Finance

MM理論、Trade-off theory、Pecking-order theoryに基づく最適負債・資本構成、利益還元政策、資本コスト、DCFおよびMultiple等の企業価値評価までを10月半ばから12月上旬までの1ヶ月半、週2回のレクチャー+週1回の補講で集中的に学びます。授業は、レクチャーおよびケース分析から構成され、他の授業同様、毎回の予習、復習とケース分析が欠かせません。加えて、個人課題提出と、最後の授業で行うValuationのグループプロジェクトの準備で相当な勉強量が必要です。教科書は世界のファイナンス従事者のバイブルとされる、当校のRichard Brealyの「Principal of Corporate Finance」(日本語訳本『コーポレートファイナンス」)を使用します。教授のクオリティーもさることながら、実際のビジネス現場を題材にしたケース分析をもとに、ファイナンス分野で実務経験を豊富に積んだクラスメート同士で熱い議論も行います。Group Projectで行うValuationは、企業を1社抽出し、Industry Analysis, Business Strategyとともに、将来キャッシュフローの予測、資本コスト計算、DCF評価、MultipleおよびRisk Analysisまで含めた本場アナリストレポートに匹敵するレポート作成とプレゼンテーションを行うというもので、授業で学んだ理論を実践に活用する、実務に即したカリキュラムとなっております。

Personal Assessment and Development

本科目は、ファイナンスと関連しないものの、留学後のキャリアを考えた場合に必須となる、組織論やリーダシップを3日間で学ぶ授業です。レクチャーに加え、事前に準備した、自分自身に対するこれまでの上司、部下、同僚からの360度評価を元に、自身の強み、弱みを認識した上で、Teaching Assistantによる個別フィードバックがあり、自身の目標設定とそれに向けた具体的な能力開発、取り組み、ステップを具体的にマッピングするという内容です。特に、個別フィードバックは、360度評価の結果に基づく科学的アプローチも活用し、将来の自身のキャリアステップを考える上でも大変実りが多い授業です。

MiFの選択科目


MiFでは、30を超える授業の中から、自身の興味、これまでのキャリア、今後のキャリアと関連する7~10科目の選択科目を受講します。選択科目はファイナンスに加え、マクロ経済、ストラテジー、アカウンティング、マネジメント分野等を含めた幅広い授業が選択可能です。なお、成績等一定の条件を満たし、各分野のPractical Moduleを受講した学生には、Concentrationが授与されます。また、選択科目は他のコース(MBA, Sloan Programme, Exective MBA等)の学生とともに授業を受け、グループワークを行うため、多様なバックグランド、ナショナリティーを持つ学生とともに切磋琢磨できる大変贅沢なカリキュラム構成となっております。以下に、選択科目の一部を紹介します。

 

Corporate Finance


 

Advanced Corporate Finance

Core CoursesのFinanceで学んだ理論を活用して、資金調達や投資判断をより的確に行うことを目的とした大変実践的なコースです。学生は数人のグループに分かれ、毎週与えられるケースをディスカッションしレポートを提出したうえで授業に臨みます。授業ではそのケースについてさらに深いディスカッションが展開され、非常に深く理論を理解することができます。投資意思決定の際のReal Optionの活用方法、オプション理論も活用した最適負債資本構成、利益還元政策等、理論を実ビジネスに展開する上で必要不可欠な概念を習得します。また、グループ及び授業でのディスカッションは大変レベルが高く、ワークロードはとても重いですがそれに十分見合う実力を身につけることができます。本コース修了時には、投資銀行等においてファイナンス業務を自信を持って行えるようになるため、大変人気のあるコースです。


Mergers, MBOs and Other Corp. Reorgs

MBOやM&A等、企業再編に係る事例をアカデミックな視点で分析し、その背景にあるコンセプトや理論的な枠組みを学びます。また、実際に企業再編に関わった投資銀行家や経営者をゲストスピーカーとして招き、企業再編は現場でどのように行われているのかを直接学ぶことで、アカデミックな視点と実務における論点との関係を確認することができます。

Private Equity and Venture Capital

Private equityのストラクチャー、デューデリジェンス、企業評価方法、Exitまでを、レクチャー、ケース分析およびゲストスピーカーによるスピーチ等で学びます。ケースは、Private Equityの現場で実際に直面した問題をケースとして作成されているため、大変実践的です。また、実際にケースで扱ったファンドの人間がクラスで講演を行う等、テクニカルなバリエーションにとどまらずPrivate Equityの現場で起こっていることを肌で感じることもできます。

 

Investment


 

Equity Investment Management

アセットマネジメント、エクイティーリサーチおよびトレーディング関連のキャリアを志向する参加者向けのコースです。インベストマネジメント分野における重要な理論を習得するとともに、実務的なスキルを身につけることを目的としています。コース終了時には、戦略的なアセットアロケーション、最適ポートフォリオ、ヘッジファンド、リスク測定、ファクターモデル、アクティブパッシブ運用およびファンドマネジメントに関する広範な知識を身につけることができます。また、ケースを通じて、学んだ原理原則を実ビジネスに当てはめ、効果的に学ぶことができます。さらに、講義の中では、著名なファンド機関や研究機関からのゲストスピーカーを招聘し、示唆に富むスピーチを聴くことができます。

 

Quantitative


 

Derivatives

先物、スワップやオプションなど、デリバティブに関する熟練したユーザーとなるために必要な知識とスキルを身につけるためのコースです。主な学習内容は、デリバティブの効果や活用法、プライシング、ヘッジ方法などですが、よりエキゾチックな商品や、クレジットデリバティブ、ストックオプションなど、この分野における最近の革新的な動きについても学習します。またLTCMやベアリングなど、デリバティブに絡んだ劇的な事件についての解説を聞くこともできます。授業では数式や計算を多用し、またグループワークでもPCを使用した様々な課題を毎週こなす必要があり、学生の負担は決して軽くありません。しかし、このコースを履修すれば、デリバティブの土台に関する確固たる知識を獲得することができます。

Fixed Income Securities

債券の持つ性質を数理的に理解することを目的とした本コースでは、主に、金利リスク管理や変動利付債及びオプション付加型債のプライシング等、について学習します。授業は主に、各種債券をいかにプライシングするかという投資家の視点から行われますが、債券発行による資金調達を企業が検討する際にも同種の問題に直面することに鑑みれば、コーポレートファイナンスの分野を中心に学習したい人にとっても必須の知識と言えます。

MiFのPre Module


MiFのPre ModuleではAccountingとStatisticsの基礎を8月末から9月上旬の2週間で集中的に学びます。

 

Preparatory Accounting


財務三表 (BS、PL、CF)の基本的な概念、財務諸表分析方法等を、レクチャーおよびグループ演習を通じて集中的に学びます。IFRSおよびUSGAAPの双方をカバーするとともに、教科書はStickney and Weilの「Financial Accounting: An Introduction to Concepts, Methods and Uses」を使用します。

Preparatory Statistics

ディストリビューション、リグレッション等の統計の基礎概念の習得とともに、@Risk等の定量分析ツールを使い、リグレッション、センシティビティアナリシス、モンテカルロシミュレーションなど、様々な不確定要素が絡む事業判断、投資判断において科学的に意思決定方法を学ぶコースです。予備知識がなくてもしっかりと学べるよう、レクチャーに加え、個別演習、PCルームでの演習が用意されています。

MiFのプロジェクトワーク

MiFでは、選択科目の一つとして、プロジェクトと呼ばれる各自の問題意識にそったケーススタディーに取り組むことができます。このプロジェクトは、いわゆる学術論文とは異なり、Core CoursesやElective Coursesで学習したことを活用し、実際に起こったケースについて、専門的な分析を行うとともに、実践的なソリューションを提案すること等を目的としています。作業のスケジュールとしては、春学期中(2月頃)に中間骨子を作成し、夏学期(5月頃)に最終稿を提出することになりますが、この過程においてプロジェクトのテーマを専門とする教授からフィードバックを受けることで、知見を更に深めることができます。

 

更に、プロジェクトを通常の就職活動を超えたネットワーキングの機会として戦略的に活用して、意中のキャリアを獲得した人もいるように、就職活動等に最大限に活用する機会でもあります。

 

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る