選択科目の取り方(MiF)

MiFでは7~10の選択科目の単位取得が卒業要件となっています。主に1-3月の春学期(Spring Term)と4-6月の夏学期(Summer Term)で受講しますが、どの授業をどのタイミングで受講するかによって、学生生活の過ごし方も大きく変わってきます。今回は選択科目に関係する情報をご紹介したいと思います。

 

①入札システム

選択科目はクラス毎に席数上限があり、受講科目は学生間の入札によって決定されます。先着順でも必修科目の成績順でもありません。LBS独自の授業入札システムがあり、各自10,000点の持ち点が与えられ、入札期間中に希望する選択科目と入札点数を入力し、後日一斉に結果が開票されます。単純平均では一授業あたり1,000~1,500点ですが、授業毎に席数上限があるため、人気かつ席数の少ない授業は最低落札価格が3,000点を超える事もあります。取りたい授業に高い点数で応札すると他の授業を低い点数で応札せざるを得なくなるため、学校から提供される前年度の入札結果を参考に、各学生はこれぞビジネス思考といわんばかりに、熾烈な入札予想争いを繰り広げることになります。(一点差でも負けは負けのため、1,783とか刻み戦略も重要です。)

本入札は、必修科目の課題が本格化する(正直選択科目どころではない)10月下旬と11月上旬に行われます。昨年度(MiFFT2017)実績では、希望落札率は一回目が82%、2回目が62%となっており、希望授業を1-2個の取り逃した学生も少なからず出ていることになります。(私見ながら、確実に取りたい授業の場合、前年度最低落札価格の最低1.6倍は応札しに行くと良さそうです。)

 

②Add/Drop Session

2回の入札で希望科目を獲得出来なかった場合の落胆はそれなりに大きいです。私も予想を外し点数の低い授業に巨額を振り込み、希望していたプロジェクトファイナンスとプライベートエクイティの授業を僅差で落とした時は、一体何しに来たのだろうと途方に暮れたこともありました。

但し、ご安心下さい!入札後にはAdd/Drop Sessionと呼ばれる選択科目の再選択機会が定期的に設けられています。入札では、授業毎に各プログラム(MiFFTMiFPTMBA等)に事前に割り当てられた席数を、同じプログラムの学生間で争いますが、Add/Drop Sessionでは全プログラムの空席が解放されるため、MiF内では人気ですぐに満席になった授業でもMBA等で空席が出ていた場合には、確保することが可能となります(特に金融理論系は空きが出易い)。Add/Drop Sessionはサイトオープン期間中の早い者順となるため、入札で惨敗した学生達は、Add/Drop Session開始日には、ネットワーク環境の良い学内PCを早くから確保し、開始2分前からf5を連打して(ページ更新)して、サイトオープン後にいち早く席を確保しにかかります。一時満席となっても、学生間で授業を交換し合うようなやり取りも行われ、「この授業を譲ってくれる方にはカリフォルニア往復チケットを差し上げます」といったようなコメントまで飛び出します。

実際には、このAdd/Drop Sessionで希望の授業はほぼ確保出来る印象ですので、入札結果が悪くても希望を捨てずにいて頂けたらと思います。

 

③選択科目登録数

昨年度(MiFFT2017)実績では、入札終了時点で7科目36%8科目38%9科目21%10科目5%となっています。必修授業は万が一最低評価基準を満たさない場合にResitと呼ばれる再テストの機会がありますが、選択授業は一度落ちたらFail(単位取得未達)となり、2科目以上の授業を落とすか7科目単位取得できないと落第となるため、勉強の優先度や難関科目への挑戦ともバランスを考えながら選ぶ必要があります。

 

④Concentration

専攻のサブカテゴリーのようなもので、MiFFT2018の場合、Investment Management & AnalysisCFOCorporate FinanceRisk Managementがあり、それぞれ指定された選択授業を最低3以上取得し一定の成績基準を満たせば、成績証明書に記載されます。

Concentrationの取得には、授業の他、指定されたPractitioner Course(外部講師による実務講座。2.75時間×3回が基本。2018年度はBPの財務責任者による財務戦略講義等)や、Finance@Work(外部講師による講義。1回のみが基本。2018年度はFintech企業経営者によるプレゼン等。)の受講も必要となります。

学生の中には強くConcentrationの取得を希望する方もいますが、正直、成績証明書に記載されたところで転職活動等でどこまで有利になるかは不明であり、かつ上記Practitioner CourseFinance@Workは金曜の夜や土曜の朝に開講される場合もあり結構負荷も多いため、日本人学生間では取れれば取る、くらいで考えている方が多いかと思います。

 

⑤多様な授業スケジュール

選択科目は2.75時間/コマ×10回の受講が基本となりますが、授業の頻度や期間は様々な形が用意されています。週1回×10週のRegular以外にも、月~金に毎日2コマずつ授業を受け1週間で単位取得が可能なBlock Week、その他隔週で週末に2コマずつのModule、週2コマずつ5週間で終わる5 weeksというものもあります。学生によっては学期期間中のインターンシップ等(ごく一部長期のバカンスに入るような人もいます)を希望してほぼBlock Weekだけで単位を取り終えるといった方もおり、都合に応じて柔軟に組み合わせることが可能です。Block Weekは年末年始に近い12月~1月か、学期の間の4月に集中しています。

Block Weekは毎日授業と深夜まで翌日のケース課題に追われ大変インテンシブと聞き、私も初めて受ける前は相当にビビッていましたが、簡単な授業であれば逆にRegularだと間延び感がありBlock Weekで集中して勉強した方が知識としても整理されやすいこともあります。同じ科目でもBlock Weekの方がRegularよりも課題が少ない、また別の教授が教える(内容や質が大きく変わる)場合もあり、授業や講師の評価も参考に組まれると良いかと思います。

関心によっては、取りたい授業がほとんど春学期に集中し、夏学期が暇になる、といったケースもありますが、こればかりは事前には分からないため、いざ入学してみてから考えざるを得ないかと思います(苦)。

個別の授業の様子はまた別の機会にと思いますが、これまでの印象では、期末試験に向けた暗記・演習や、立て続けに降ってくるグループワークでとにかく必死だった必修科目に比べると、選択科目はより実践的な議論やケース課題が中心で、負荷も比較的コントロールしやすくかつ有益な学びを得られています。授業も他のプログラムと合同となるため、MBAやっぱりプレゼンうまいなーとか、Masters in Financial AnalysisMasters in Management(大学新卒向け修士プログラム)若いなー(笑)とか、他のプログラムの雰囲気を味わえるのも魅力です。ただ、全プログラム向けの網羅的な内容の選択科目を取ると、MiF生にとっては少し物足りないこともあり、ちゃんと学びを得たい!という方にはNativeも興奮する(ビビる)くらい高評価だったりRequirementの高い授業を取りに行った方が面白いと思います。個人的には、元Bain CapitalManaging Directorとか、実務経験ががっつりある教授の授業を取りに行った方が面白い印象です。

以上

 

MiF2017 プロファイル

Masters in Finance 2017年入学のクラス構成は以下のとおりです。

 

フルタイム(2018年7月卒予定)

全体

学生数 125名

平均年齢 29歳

平均勤務経験  5年

国籍 36カ国

女性割合 27%

留学生 93%

 

地域別:

東アジア 26%

中南米 25%

欧州(英国外) 15%

南アジア 9%

英国 7%

北アメリカ 6%

東南アジア 4%

中東 3%

中央・西アジア 2%

アフリカ 2%

南洋州 1%

 

職歴別:

金融・会計・経済 48%

ビジネス・経営 26%

科学・テック・エンジニアリング・IT 16%

社会科学・法・アート・人文 10%

 

日本人

合計10名

内訳:

銀行(民間) 2名(私費)

銀行(政府系) 2名(社費)

アセットマネジメント 1名(社費)

事業会社  1名(社費)

官公庁 4名(社費)

 

 

パートタイム(2019年7月卒予定)

全体

学生数 64名

平均年齢 32歳

平均勤務経験 9年

国籍 27カ国

女性割合 25%

留学生 87%

 

地域別:

欧州(英国外) 39%

東アジア 17%

南アジア 15%

英国 13%

中南米 5%

南洋州 3%

中東 3%

北アメリカ 3%

中央アジア 2%

 

職歴別:

金融・会計・経済 36%

ビジネス・経営 34%

科学・テック・エンジニアリング・IT 24%

社会科学・法・アート・人文 6%

 

日本人

合計2名

内訳:

銀行(民間)2名(私費)

 

(参照)Masters in Finance Brochure

https://www.london.edu/programmes/masters-courses/masters-in-finance#.Wi1S-MF1TD4

Masters in Financeとは

ロンドンビジネススクールのMasters in Finance (MiF)は、ファイナンスプロフェッショナルに不可欠とされる高度な実務スキルを10ヶ月間 (パートタイムは22カ月間)という短期間で集中的に学び、修士号 (MSc in Finance)を取得するプログラムです。入学者数もフルタイムが約120人、パートタイムが約70人と、少数精鋭となっています。

MiFは、世界各地の金融機関などで働き、既にファイナンスのバックグラウンドを有するビジネスマンからの「より広く深く体系的にファイナンスを短期間で学びたい」というニーズに応える形でスタートしました。

MIFは、広い意味におけるファイナンスプロフェッショナルが実務において直面する新たな問題に対し、柔軟かつ創造的に挑戦できるよう、徹底的に鍛錬することを目的にしています。具体的には、4つの必修科目を通じて、ファイナンス実務の基盤となる基本的なアプローチおよびビジネスリーダーシップについて修得した後、約30科目程度の多彩な選択科目の中から自分のキャリアゴールに即した7~10科目を選択し、極めて実践的な内容を集中的に学びます。選択科目の一つとして、本プログラムを通して習得した知識・技術を、プロジェクトと呼ばれる修士論文として応用することが求められます。
これらの講義やプロジェクトの指導は、ファイナンスにおいて世界的な名声を有し、実務にも精通したロンドンビジネススクールの教授陣によるものであることは言うまでもありません。また、選択科目はCorporate Finance、Financial Engineering、Asset Management、Private Equity /Venture Capitalと非常に多岐に渡るとともに、Core Coursesで学んだアプローチを実務に応用することを目的とした内容となっており、卒業後、幅広いファイナンス関連の業務にそのまま生かすことができます。

以上のような充実したカリキュラムに加え、チャレンジ精神にあふれ多様なバックグランドを持つプロフェッショナルな学生が世界各国から集うことが、MiFの大きなもう一つの魅力です。銀行、証券会社、ヘッジファンドといった金融機関のみならず、中央銀行、政府機関、事業会社、経営コンサルタント、会計士、格付機関、弁護士、非営利団体等で、平均6年程度の実務経験を有する生粋のファイナンスのプロフェッショナルが、お互いの豊富な経験から最先端の実務を無数のグループワークを通して学び合うという素晴らしい環境です。世界における最先端のファイナンスを日々体感することができることから、金融機関等において実務経験を有する方にとっては特に有意義なプログラムといえるでしょう。 また、選択科目、クラブ活動、各種イベントを通じ、ロンドンビジネススクールMBA 等のの他のプログラムと交流する機会も豊富です。

以上のように、MiFは、①金融機関等において実務経験を有し、短期間で実務に即したファイナンスを体系的に理解したい方、②金融工学やM&A、Private Equity等のDealなど、高度なファイナンスの知識が要求される仕事での勤務、転職を予定されている方、③ファイナンス以外の分野における実務経験や学識を有する方で、実務に即したファイナンスを短期間に集中して学習したい方等に最適といえるでしょう。

MiF or MBA (あるいはMiFで学ぶ意義)

MiFへの出願を考えている多くの方は、一度くらいはMBAへの出願も考えたことがあるのではないでしょうか。

そこで、本稿ではMiFとMBAの違いについて、書いてみようと思います。※

【※本稿は必ずしもMiFを何が何でもお薦めするためではなく、あくまで違いをなるべく客観的に分かっていただいた上でそれぞれにあった判断をしていただくために書いています。筆者は現在MiFの学生ですが、昨年は別の学校でMBAコースに通っていました。それは1年制で別の学校なので必ずしもLBSのMBAとMiFを直接比較しているわけではないこと、また、あくまで筆者自身の経験に基づいた主観であることについては、御理解いただければ幸いです。】

 

(目的)

まず、MiFとMBAではその目的が異なります。

どちらのコースも、グローバルリーダーを育てることは共通の目的ですが、MiFはファイナンスのエキスパートを育てることが目的あるのに対し、MBAは経営全般のジェネラリストを育てることが目的です。ただし、例えば企業戦略等の経営面は財務諸表や株価等のファイナンス面に顕著に表れるという意味においては、MiFが経営全般を見ていないというわけではなく、ただファイナンスというツールを通して経営全般を見ている、ということなのだと筆者は考えています。

 

(カリキュラム)

MBAではファイナンスはもちろんのこと、マーケティング、組織行動論、企業戦略、アントレプレナーシップ、イノベーション、経済学など様々な科目を広く学ぶと同時に、プレゼン、コーチング、文化の多様性の理解、リーダーシップ論、グループワーク等のソフトスキルにもかなり力を入れます。また、MBAでは上記の様々な科目を統合して、総合的なビジネスプランの作成や起業家の立場となって投資家向けプレゼンを行うといった授業があります。

一方で、MiFでは学ぶ内容はとにもかくにもファイナンスです。コーポレートファイナンス、会計、投資がコア科目で、選択授業も一部を除いてファイナンスです。MBAでのファイナンスはいわゆるコーポレートファイナンスが中心ですが、MiFではデリバティブや、証券分析等の投資関連の授業も多く、自分の興味に応じて「Corporate Finance」のほか、「Risk Management & Derivatives」「Investment Management & Analysis」の三つの中から専攻が選べます(選ばなくても大丈夫です)。もちろん、MiFもプレゼンやグループワーク等のソフトスキル教育を行います(ただし、MBAと比べると少ないと思います)。

 

(コーホート)

他の大きな違いとしては、生徒のバックグランドが挙げられると思います。一般的にイギリスのMBAは3年程度の実務経験を要する点ではMiFと同じですが、MBAでは業種に特に制限はありません。一方、MiFではファイナンス分野での経験である必要があります(もっとも、「ファイナンス分野」の捉え方はそれなりに広く、銀行やアセットマネジメント等でなければならないということはなく、一般企業の財務部、コンサルや官庁等からも経験次第では十分入学可能です)。MBAではほぼ全員が異なる分野・ポジションの経験者であり、その多様性が議論に幅を持たせてくれたり、新たなアイディアが生まれる一方、MiFはファイナンスをよく知っているということが前提であり、それによりファイナンスに関する議論のクオリティと深度を保つわけです。

 

(メリット・デメリット)

MiFのメリットとしては、1年間、実務経験ある仲間たちと深くファイナンスの勉強に集中できることです。その点、1年制MBAでは、一年間であまりに多くの分野をカバーするため、良くも悪くも「広く浅く」となります。また、MBAではファイナンスのエキスパートのような生徒もいれば、初めて触れるという生徒もいるので、進度はある程度後者に合わせる必要がありますが、MiFにおいては授業スピードがとても速く、例えば筆者が1年制MBAで40時間程度の授業で学んだコーポレートファイナンスの範囲は、MiFでは1学期の最初の15時間弱の授業でほぼカバーしてしまったように思います。

一方、MiFにもデメリットはあります。特に就活における認知度はMBAの方が圧倒的に高いと言わざるを得ません。MBAなら誰でも知っていますが、MiFと言われてすぐに分かる人はイギリスの会社の採用担当者でもそうはいないようです。もちろん、LBS自体は広く知られていますが、そもそもMBAしか採用されないポジションもあり、そこのフィルターに引っかかってしまうこともあるようです(LBSのキャリアセンターの方針としては、学校での採用説明会において「MBAのみを対象とする説明会」は断っていますし、MiFとMBAとを「同等」に扱うよう働きかけているようですが、まだ道半ばというところのようです)。また、MiFと聞いて、実務経験前コースを思い浮かべる人が多いようです。実際、イギリスで実務経験者のみを対象としたファイナンス修士コースを提供している有名校はLBSとケンブリッジくらいですし、世界でもそう多くはありません。MiFは実務経験を有し、理論も体系的に学んだ、ファイナンス分野の「即戦力」なのですが、そのことが必ずしも十分に浸透していないことが一つのネックであると言えるかもしれません。就活中のクラスメイトたちは、MiFについてきちんと「実務経験後のコース」であることなどを採用側に分かってもらう努力をしているようです。

 

(どちらを選ぶべきか)

MiFとMBAは似て非なるものです。MiFはMBAの代替手段ではありませんし、逆もまた然りです。ビジネススクールというとどうしてもすぐにMBAを思い浮かべてしまいがちですが、自身のニーズに応じた様々なコースがあります。実際、LBSにもMiFとMBA以外にもMiMやMFA、Sloanなど様々なコースがあります。ファイナンス分野でのキャリアを追っていくのであればMiFは最適だと思いますし、MBAも言うまでもなく強力な武器です。一方、ファイナンス分野以外で働きたいが、知見を広げる目的でファイナンスを学びたいというのであれば、MiFは「たすきに長し」だと思います。

MiFとMBAのどちらを選ぶべきかは、当然ながら、結局のところ自身の将来のキャリアゴール次第です。いずれにしても決して安くない授業料と機会費用を払うのですから、今一度そのゴールを良く考えてみた上で後悔のない選択をしていただきたいと思います。

 

本稿がそのための一助となれば幸いです。

MiFの必修科目(MiFFT2017)

MiFの必修科目は、Investments、Financial Accounting and Analysis、Corporate Finance and ValuationおよびPurpose of Financeです。秋学期(9月上旬~12月上旬)に開講されますが、Purpose of Financeのみ変則的で、年間を通じて4回の授業があります。

必須科目では、その後の選択授業において前提となる知識を獲得することができるだけでなく、事前に座席やスタディーグループが固定されているので、同級生と交友関係を築く良い機会にもなります。

 

Investments

現在価値計算に始まり、Fixed Income、Stock Valuation(Golden Growth、P/E multiple、CAPM、マルチファクターモデル)、Derivative(オプション、先物・先渡し)まで広範に学びます。基本的な内容が中心ですが、論文を素材に最新の議論にも触れる機会があります。

授業は秋学期の前半に集中し、週2回およびTeaching Assistantによる週1回の補講があります。毎週、計算演習を中心としたグループ課題があります。教科書は、Zvi Bodie、Alex Kane、Alan J. Marcusによる「Investments」を使用します。

 

Financial Accounting and Analysis

Pre Moduleで学ぶ会計知識を前提に、USGAAPおよびIFRS双方をカバーした財務諸表分析の手法を深く学びます。講義では、実際の企業をケースにとり、そのAnnual Reportから経営状況を示す計数を算出する方法を学ぶとともに、財務諸表の計数と企業の実態に乖離がないか丁寧に読み解く訓練をします。

授業は秋学期を通じて行われ、週1回および隔週でTeaching Assistantによる週1回の補講があります。企業のAnnual Reportを分析する課題が隔週であるほか、他の週には授業に関連する時事記事を要約して提出します。教科書はChris Higsonによる「Financial Statements: Economic Analysis and Interpretation」を使用します。

 

Corporate Finance and Valuation

Investmentで学ぶ現在価値計算、Stock ValuationおよびFinancial Accounting & Analysisで学ぶキャッシュフロー分析の知識を前提に、投資意思決定、企業価値の計算方法(DCF、Multiples、APV)、負債政策および利益還元政策を学びます。

授業は秋学期の後半に集中し、週2回およびTeaching Assistantによる週1回の補講があります。毎週、実際のケース分析のグループ課題があります。うち一つは、企業を1社選択してアナリストレポートを作成するもので、最終授業でプレゼンテーションを行います。教科書はRichard A. Brealey、Stewart C. Myers、Franklin Allenによる「Principles of Corporate Finance」を使用します。

 

Purpose of Finance

「金融は何のためにあるのか」との問いから始まり、金融業界が抱える課題、IT技術革新などの外部環境変化が金融業界にもたらす影響、金融のプロフェッショナル倫理を考える授業です。金融危機以降、金融業界に対する批判的意見が高まったことを受け、真の金融プロフェッショナルを育てる目的で2016年に必須科目として設置されました。

既出の通り、年間を通じて4回の授業があります。毎回の授業に向けて、プレゼンテーション作成やエッセイ作成といった準備課題がグループに課されます。教科書は、Stephen Davis、Jon Lukomnik、David Pitt-Watsonによる「What they do with your money」です。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る