MBAで考える、「ずっと一緒にいたい」チーム、「早く帰りたい」チーム

5,6月のロンドンは本当に美しい。白鳥が泳ぐハムステッド・ヒースの池の周りで寝転ぶ人たちに混じっていると、自分のつまらない悩みなどどうでも良くなってしまうほどの美しさがあるし、小難しいテーマでも考えてみようかという気になる。MBAに在籍していて物凄く勉強になることは、「リーダーシップと人の成長」、とりわけ「刹那的な関係においてどのようにチーム・ダイナミズムを作り上げていくか」、ということ。

 

フレキシビリティを推すLBSには、グループワーク・クラブ・インターン等多様な機会が転がっている。一方でそれらの大半は給料が発生せず、かつ皆活動を掛け持ちしているので、誰もやる気を見せないチームになることもあれば、全員がプロアクティブに参加して信じられない熱量になることもある。仕事と違って義務も階層もないため、良いチームを作り・皆が成長する環境にするのは本当に難しい。

成功したもの・失敗したもの様々な案件を振り返って強く思うのは、全員の一挙手一投足が強く見られておりそれによって人のモチベーションは大きく変わるということ。例を挙げると…

・グループワークにおいて、クライアントに短期間でどのように価値を出せるか、という前向きな話で3人が盛り上がり議論開始。そこに遅刻してきた1人が「授業なんだから簡単に終わらせようぜ」と椅子をブラブラさせながら発言。皆沈黙。モメンタムは崩れ最後まで戻らなかった

・一人が提案した案件。最初は実現の難しさからみな消極的だったのだが、別の一人が「こんな風に捉えれば面白いんじゃないかな。さっそく調べてみる」と笑顔で話して以降、全員が前のめりで信じられないアウトプットが完成。そのまま優勝

・チームでの議論。リーダー格が忙しさにかまけ、顧客満足ではない尺度(自分たちの論理)を顧客に提案しようとしたたった一つの発言で、メンバーの心が完全に離れる

 

この一挙手一投足の重要さにおいて、特に自分がリーダー格で関わる場合、この顧客のため・地域のため、等プロジェクトの意義深さを共有できること、加えてその案件の「各メンバーにとっての意味合い」を語れることが肝要であると感じている。(あなたの志と間接的にこう繋がるよね、過去の経験と全く違うこのロールをやることでこう成長できるよね、等)そして前提として、言行一致・一貫性(誰に対しても同じように真剣・前述のビジョンと相反する発言をしない等)が必要であるのは論を俟たない。

 

次は、僕自身は何一つ出来ていないことであるので会社の先輩の受け売りになってしまうが、「自身がチームから憧れられる何かを持つ」ことの重要さである。それと相反するようだが、「自身も発展途上であることを強く自覚する」ということも必須であると感じさせられる。こちらも例を挙げると…

・僕が学生のメンティーに対し、経験値が違うからか、あるいは愛情からか、「こうしたほうがよい」を超えて「こうすべき」のようなトーンで提案をしすぎ、心が離れてしまい頼ってくれなくなった

・インターン先の社長・副社長。彼らのビジョンは常に未来を向いており、この人達と一緒に未来を作っていきたいと思わされる。それと同時に、若造の私に常に意見を求めてくれ、かつ「君と話すと大変学びになる、信頼しているぞ」という姿勢を前面に示してくれる

・クラブ活動においてあまり時間を使わない一人がクライアントミーティングに参加。そこで目にしたものは、CEOが持つビジョナリーな発想と現状に満足せずアドバイスを求める姿勢、それに呼応して必死にサポートを行うマネージャ。その後そのメンバーは人が変わったように成長・貢献

といったことがあった。

 

僕が大切にしている概念に、「数週間・数ヶ月で人は変わる」というものがある。誰しも、先輩にかけてもらった一言、あるいは周囲へのアドバイスで、自身や周囲が「人が変わったように」成長した姿を見た経験があると思う。一方で、「どのようにチームと接すれば周囲の成長の手助けとなれるのか」という「リーダーシップと人の成長」については、正解もなければ、日常の仕事で試す機会も限られる。その上でMBAは(ほぼ)ノーリスク環境下で、自分の様々なリーダーシップの型やチームダイナミクス作りを試すことができる(細かいグループワークを含めれば、年間20以上の異なるチームと協業可能)、ということが、個人的には座学や学位以上に貴重であると考えている。

 

もし読者のみなさまが、「閉じた環境なのでチーム作りやリーダーシップの考えが狭まる」あるいは「制度上、リーダーシップポジションまで時間がかかる」等の問題意識をお持ちであれば、MBAというのは良い選択肢の一つになると思いますし、その上で多様な活動に従事できるLBSを選択頂ければ本当に嬉しいです。

MiF Food Trek

MiFにはfood trekという取り組みがあります。これは各国の学生とロンドンにある彼らの出身国のレストランに行き、その国の食事、文化を楽しみながら交流を深めるものです。2017年度入学の日本人学生の有志で立ち上げ、参加者は毎回約10-20人で、月2-3回の頻度で開催しています。各国の学生からすると、自国の食文化の素晴らしさをクラスメイトに紹介する絶好の機会となり、自然と気合が入るため、毎回ロンドンで1、2を争う各国のレストランを体験できるのが魅力です。



Mestizo(メキシコ料理)

MiFの特徴としては、MBAと比較して期間が短い中で、必修・選択授業、就職活動、インターンシップやプロジェクト等をこなすことになるため、時間に追われることが多く、学生同士の交流が少なくなりがちです。またコースの性質上、ネットワーキングや課外活動よりも、勉強自体に割く時間が多めになります。そのため、12月に必修科目が終わると、クラスメイトとの交流も少なくなり、どうしても同じ国や近い文化圏の人たちで集まる傾向があります。これらのMiFの制約の中で、多様な交流の機会を提供し、机に向かう勉強以外の学びをの機会を提供するのも活動の一つの目的となります。



Ngon Ngon(ベトナム料理)

その運営は、グローバルな環境でのマネジメントを学ぶ機会に溢れています。誰と組めばスムーズに進められるのか、自発的な活動の中で、どのように課題を分担、依頼し、相手のモチベーションを引き出すのか。また組織の在り方としても、どのようなレベルの繋がり、連帯の強さだとうまくいくのかなど、各国の文化やパートナーの性格に応じて毎回異なるビジョンの設定とリーダーシップの取り方が必要となるので非常に勉強になります。



Queen of Sheba(サウジアラビア料理)

例えば、韓国、中国等のアジアの学生と一緒に開催した際には、仕事の進め方が非常に似ており、細部まで丁寧に計画して進めるので、最低限のコミュニケーションで運営を成功させることができました。サウジアラビアやパキスタンの学生と一緒の時は、文化・宗教的に約束事をしっかりと守る文化が強いのかと思いますが、しっかりしたリーダーシップで信頼のおける仕事運びが印象的でした。西洋圏の学生と進める際には、ゆったりとした枠組みの中でもきちんと落としどころを見つけて実現する強さが感じられ、これがレジリアンスなのか思ったり、毎回学びが尽きません。



Cocoro(日本料理)

記念すべき第一回は学校から近い日本料理屋で開催し、日本人学生が一致団結して、30人近い学生をどう取りまとめるのか、どのようにコストパフォーマンスの高い会が実現可能かを議論し、メニューの選択からオペレーションの細部まで工夫し、無事に成功させることができたのがいい思い出です。また印象に残っているのはナイジェリア料理で、ロンドンの南部に1時間ほどかけて移動し、もつ煮込み風のスープや魚介料理、カクテル等、これまで見たことのない料理に出会え、それがまた日本人の舌にも良く合い非常に美味だったことで、まさにfood trekの醍醐味とも言える感動の学びでした。



805 Restaurants(ナイジェリア料理)

Food trekは、ロンドンのような文化的に多彩な大都市でなければ、かつ様々な国から学生が集まるLBSのような学校でなければ実現できない活動です。また普段交流の少ないグループ、学生同士が接点を持ち、交流を深められる数少ない場として、MiFにとって非常に大切な取り組みだと思っています。昨年8月の入学より、これまで16か国の食事・文化を体験しました。MiFには毎年30近い国や地域から学生が集まるので、これからもより多くの国の文化を学び合えるように、活動を進めていけたらと思います。



Ulfa Ocakbasi Restaurant(トルコ料理)

リンダグラットン教授 The Future of Work

リンダグラットン教授の授業「The Future of Work」を受講しました。

ズバリ「未来」をテーマに、毎回刺激的なクラスディスカッションと豪華なゲスト講演者との対話が繰り広げられ、LBSのキャッチフレーズである「London Experience, World Impact」を象徴する授業だったかなと感じています。個人的にはこれまでの1年半でベスト授業でした。

 

■教授について

著書「LIFE SHIFT」「WORK SHIFT」がベストセラーになり、最近では日本政府人生100年時代構想会議のメンバーを務めている事もあり、日本でもよく知られるようになったかと思います。

人材論・組織論に関する世界的権威、Thinkers50の常連、ダボス会議毎年登壇、LBSでは1989年(!)から教授を務める重鎮で、今も世界中を飛び回っていますが、実物は笑顔が素敵できさくなおばちゃんです。日本が大好きで最近は日本料理を作ることにトライしているそうです。

日本語でもたくさん記事がでていますが、個人的にはこれが一番彼女らしさが出てるかなと思います。http://www.1101.com/lynda2/

 

■授業について

テーマは「人と組織の未来」。選択科目のひとつとして、1週間・全10コマの集中講義形式でMBA・Executive MBA約80名が受講しました。「LIFE SHIFT」「WORK SHIFT」の内容を題材にしつつ、豪華なゲスト講師もたくさん招きながら、毎回幅広くふかーいクラスディスカッションが重ねられました。詳細はここに書ききれないのですが、エッセンスだけでもお伝えできればと思います。

 

最初の4回の授業は、私たちの未来に大きな影響を与える事象である「テクノロジー」「エネルギー問題」「グローバリゼーション」「長寿化」の」4テーマについて議論しました。

例えば「テクノロジー」では、AIやロボティクスをはじめとした技術革新に伴い、個人の働き方、企業・政府の役割などが今後数十年にわたってどのように変わっていくか、変わっていくべきかといったテーマについて議論しました。LBSの多様性を象徴するように、テック企業出身者・建築家・医者など様々な背景を持つ受講生から多面的な意見が出て非常に刺激的なセッションでした(この点は全回共通)。ゲストは、インドのTataの方がカルカッタからSkype参加、同社の先進的な働き方や従業員向けの教育システムについて紹介いただきました。

「エネルギー問題」はShellの方がゲスト。Shellが長年取り組んでいるシナリオプランニングによる未来のシナリオについてプレゼンがありました。

「グローバリゼーション」では英Economist誌の著名ライターをゲストに、グローバル化の進行に伴い世界各地で現れている都市化、貧富の差の拡大やポピュリズムといった課題、またソーシャルネットワークによる影響などの幅広いトピックについてホットな議論が交わされました。「長寿化」では世界の人口構成の変化に伴う影響を取りあげ、リンダ教授の目下最大の関心事である日本についても多く時間が割かれました。(ちなみに毎回のように日本に関する言及があったのですが、英語を話せる人が少ないことや起業家の少なさについては周りの学生からとてもとても驚かれました。)

 

後半の6回では、クラスでの講義・ディスカッションおよびグループワークを通じ、前半4回の世界的な潮流を踏まえ、企業・政府がどのように対応すべきか、またわれわれ一人ひとりがどのように生きていくか、を考えていきました。

ゲストにはStandard Chartered Bank元CEO・英国元貿易大臣のMervyn Davies氏、世界最大のNPOのひとつであるSave the Childrenの元CEO Jasmine Whitbread氏を迎え、急速に変化する現代・未来におけるリーダーシップのあり方・人としての生き方について多くの示唆的な言葉を得ることができました。ちなみに、このクラスのゲストを呼べるのはリンダ教授の人脈のなせる業と思います。

 

以上のとおり、議論のテーマは果てしなく幅広いもので、何時間でも議論が尽きないのですが、それをファシリテートするリンダの教授力は圧巻でした。

話の引き出しの量と深さもすさまじいです。「その点についてはデンマークに面白い会社があって。。」「前にシンガポールの大臣とこんな議論をしたんだけど。。」「こないだチャドに行ったときにこんな話があってね。。」とかそんな感じ。

 

授業では教授の著書の内容に加えて、出版後に本人が世界を回って考えたことや、最新の研究内容(例えばhttps://sloanreview.mit.edu/article/the-corporate-implications-of-longer-lives/)もカバーされ、学生・ゲストとのディスカッションとも相俟って「この教室の中でしか得られない学び」を得た感覚を強く持っています。

 

「LIFE SHIFT」のメインテーマであり、リンダ教授が人生100年会議でも発信している事ですが、日本人の多くが100歳まで生きる可能性が高い中、企業の雇用・働き方の仕組み、また個人の人生設計もがらっと変えていく必要が大いにあるなぁと改めて痛感しました。リンダ教授はこうした課題について第三者的にでははなく「我が事」として考える事を常に強調され、私自身このクラスでの学びを踏まえ、自分のできる事を具体的に行動を移して行きたいと思います。

リンダ2リンダ

 

 

Luxury Strategyについて

1年目の1学期はすべてCoreという必修科目の履修になるのですが、実は私は4科目のコアに加えてLuxury Strategyという授業を+αで履修していました。これは、来年より正式にElectiveになることが決まった授業で、私が受けた時はElective化する為に授業開講実績が必要なため特別開講されていたものです。

 

Stefano Turconi教授:

この授業を教えるStefanoというイタリア人の教授は個人で様々なラグジュアリーブランドにコンサルをしている実務畑の方で、実体験を踏まえたエピソードや、彼の顧客をスピーカーとして連れてきたりと、ビジネスの現場とのつながりをしっかりと活用した授業になっています(London CAPのLuxury and RetailのリードもStefano)。Stefano:https://www.london.edu/faculty-and-research/faculty/profiles/s/stefano-turconi

 

受講生と選考:

全ての会に業界のスピーカーが来る為、生徒全員が全授業に主体的に参加をすることが前提となっており、その学生のやる気を見極める為に授業履修の為にはEssayでの選考があります。受からなかった人はWaitlistにアサインされ、欠席者(=欠席した時点で履修リストから外れます)によって穴が開いた席に繰り上げで入っていくシステムです。アプリケーションが必要な他の授業は聞いたことが無いので、この授業がどれだけ人気か伝わるかと思います。

受講生は、MBA、EMBA(Executive MBA)、MIM(Master in Management)、Sloan Programが混じるダイバーシティーに富んだものになっており、MBAだけで履修するCore授業よりも更に次元の高いディスカッションが繰り広げられておりました。

 

授業:

授業は前半1.5時間程度がレクチャー、残りの1時間程度がゲストスピーカーのセッション、その後1.5時間程度がゲストスピーカーとの懇親(一緒にスパークリングワインやビールを飲みながら、立食形式での自由交流)になります。前半のレクチャーでは、欧州を中心としたラグジュアリーブランドのケースを取り扱い(バーバリー、Farfetch、Tesla moters等々)、後半では関連業界の方から実際の話を聞き、さらにはディスカッションを行います。ゲストスピーカーはフェラーリの営業部門のトップから、Reve En Vertというサイトを立ち上げたCora Hiltsという20代の起業家まで様々で、スピーカーセッションを通して多くの学びを得られました。

 

フェラーリチャレンジ:

この授業の一番のお楽しみは、実は授業が終わった後に開催されるフェラーリチャレンジです。これは、同社の設定したお題をグループで考え、フェラーリの経営幹部に対してプレゼンをするものです。優秀グループに選ばれると、なんとイタリアのフェラーリの工場へ招待されるというミラクルな特典付き。私も、クラスメイトとチームを作り挑みました。残念ながらフェラーリ工場への切符は勝ち取れませんでしたが、EMBAを交えた多様性のあるチームで一つのアウトプットを目指してチームで戦った経験は大変学びが大きいものでした。

 

皆さんも、もしLBSに来られることがあれば履修を強くお勧めする授業の一つです。

 

写真:フェラーリチャレンジの打ち上げをパブでしているところです。

Luxury strategy

交換留学のススメ

ニューヨーク大学(NYU Stern School of Business)のHalf-semesterの交換留学より戻ってきたばかりのK.A.です。LBSに於ける交換留学制度について、そして実際に体験してみて感じたことを簡単に記したいと思います。

 

LBSに於ける交換留学制度について:

·        留学候補先(LBSとの提携校):米国、欧州を中心に多数の選択肢あり。名の知れたトップ校で言うと、Wharton, Chicago (Booth), MIT, Kellog, Columbia, Berkeley (Haas), IESE, HEC, HKUST等。日本のビジネススクール(一橋)も含まれている。学校毎に定員上限が決まっており、特に米国の定員数が多いイメージ(私が留学した年でいうとNYUは約20人で、NYUに於ける他校からの交換留学生の数を見てもLBSが最大派閥であった)。詳細はLBSウェブサイトご参照:https://www.london.edu/programmes/masters-courses/mba/programme-content/international-exchange#.WmOvpKhl82w

 

·        時期・期間:基本的には2年目のAutumn Term或いはその後のSpring Termに留学することとなり、スケジュールに応じて何れかを選択可能。又、ほとんどの学校がフルセメスター(3~4ヶ月)の留学となるものの、よりフレキシブルなハーフセメスター(2ヶ月程度)の留学が可能な学校(私が行ったNYU)もある。

 

·        選考方法:例年1年目のAutumn Semesterが終わった後に選考が実施される。生徒の希望に応じて、第三希望まで申し出ることが可能。選考はエッセイ(比重65%)と成績(同35%)により行われるが、2017年卒の代の実績でいうと、8割近くの学生が少なくとも第三希望までの学校に割り当てられたとの実績あり(49%の学生が第一希望に当たっているので高確率と思われる)。選考のタイミングになると、学校側による説明会、交換留学から戻ってきたばかりの2年生との交流会等が実施され情報収集の良い機会となる。交換留学経験者の2年生は、1年生のアプリケーション審査にも関わることから、同交換留学経験者と接触すると選考に有利に働くと言えるだろう。

 

·        単位交換:フルセメスターの交換留学で、LBSに於ける4 Creditを持ち帰ることが出来る。ハーフセメスターのNYUの場合は2 Credit。

 

·        費用:学費は発生しないが、留学先までの渡航費、生活費は勿論自腹となる。

 

·        留学後の利点:留学先によっては交換留学するだけでAlumniのステータスを得られるところもあるが、トップスクールは基本Emailアカウントを保持出来る程度のベネフィットしかない。

 

NYUに行って感じたこと:

私自身は、米国MBAとLBSの比較の視座を得たかったこと、又、家族連れだったので家族で過ごしやすい場所、という観点でBerkeley、Columbia、NYU(ハーフ)の順でアプライしたところ、NYUに当選した。

実際に交換留学を振り返ってみると、(1) NYUのレベルの高いファイナンスの授業を受けられ、アカデミック面での学びが多かったこと、 (2) LBSの誇るダイバーシティの優位性を再認識出来たこと、(3) マンハッタンど真ん中で暮らす生活をどっぷりエンジョイ出来たこと、等のポジティブな効果があり、総じて行って良かったなと感じている。

これからLBSにアプライしようと考えている皆様にとって、NYUだけのことを書いても役に立たないと思う為、もう少しだけ広い視点で、LBSから米国MBAへの交換留学することのプロコンを以下に記しておく。

 

Pros

·        米国MBAの体験を通じて、LBSでの体験を相対化出来る(LBSの良いところとそうでないところをより深く理解できる)
⇒NYUではファイナンス系の授業x2、その他授業x2を受けたが、特にファイナンス系の授業はNYUだけあって教授およびゲストレクチャラーのクオリティの高さが印象的だった。一方で、教授・学生ともに米国バックグラウンドが支配的故、授業中のDiscussionや教授の解説を聞いていると「視野が狭い」、「LBSだともう少し多面的な議論や考え方に触れられただろう」と感じる場面が多々あり、逆に多様性に富んだLBSを選んで本当に良かったということを痛感した。

 

·        UK国外での生活を体験出来、新たな文化体験が出来る。
⇒私の場合は、マンハッタンのど真ん中に2ヶ月住んでいたので、休みの日はとにかく家族とのNY観光に時間を割き、ニュージャージー・ボストン等にも足を運んだ。米国の有名大学のIDを持っていれば多くの観光スポットや美術館にて割引が効く為、有効活用しない手はない。また、NYに於ける食事事情は(私見なるも)ロンドンを圧倒的に凌ぐので、食生活の満足度はかなり高かった。

 

·        レジュメ強化
⇒特に将来米国での就職を検討している人にとっては、米国トップスクールに交換留学出来れば、就職活動する上でのアピールポイントになるかと思う。

 

Cons

·        時間とコストがかかる
⇒航空券とVISA手配、パッキング、住宅手配、保険手配等、特に家族を連れている自分にとっては想定以上に準備に時間を取られた。私は夏期インターンをロンドンで行ったので、夏期休暇直後に必要手続きを踏んで交換留学することはどう考えても時間がなく困難だったと思うし、Half-semesterの交換留学を敢えて選んで、半学期分の時間が確保出来てよかったと感じている。

 

·        Opportunity Cost(ロンドン・LBSでの生活を一定期間離れることによる不都合)
⇒ロンドン外での生活は勿論魅力的だが、ロンドンでの生活や慣れ親しんだLBSの仲間との時間を一定程度手放さなければいけないことに伴うコストは意外と大きい。ロンドンの住宅をサブレット出来ない場合は文字通り二重の家賃負担によって費用が膨らむし、特に私費の学生にとっては交換留学先での就職活動が困難である為に、ロンドンでの就職活動の時間・機会を一定期間失うことになってしまうとの不都合もある。

 

·        課外活動に関わり難い
⇒突然他学から異なるタイミングで入る立場を踏まえると、交換留学先で新たに課外活動(プロフェッショナルクラブ、文化クラブ等)に関わることはハードルが高いと言えるだろう。

※NYUのみに当てはまる問題と思いますが、ハーフセメスターの留学となると基本夜間のPart-time MBAの学生と共に授業を受けることが多くなり、フルタイムMBA生と新たな人脈形成がしづらいという点もあり。

 

最後に、私はNYU交換留学中に国連本部で働く方々との接点が出来たり、同じタイムゾーンに本部を置く世界銀行グループ関係者とも対話が出来、国際機関関係者との人脈構築、キャリアについての議論が出来たのは大変有益であった。

 

上記長々と書きましたが、とにかくとても楽しいし、良い思い出になるので、交換留学は間違いなくおススメします!!

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る