交換留学のススメ

ニューヨーク大学(NYU Stern School of Business)のHalf-semesterの交換留学より戻ってきたばかりのK.A.です。LBSに於ける交換留学制度について、そして実際に体験してみて感じたことを簡単に記したいと思います。

 

LBSに於ける交換留学制度について:

·        留学候補先(LBSとの提携校):米国、欧州を中心に多数の選択肢あり。名の知れたトップ校で言うと、Wharton, Chicago (Booth), MIT, Kellog, Columbia, Berkeley (Haas), IESE, HEC, HKUST等。日本のビジネススクール(一橋)も含まれている。学校毎に定員上限が決まっており、特に米国の定員数が多いイメージ(私が留学した年でいうとNYUは約20人で、NYUに於ける他校からの交換留学生の数を見てもLBSが最大派閥であった)。詳細はLBSウェブサイトご参照:https://www.london.edu/programmes/masters-courses/mba/programme-content/international-exchange#.WmOvpKhl82w

 

·        時期・期間:基本的には2年目のAutumn Term或いはその後のSpring Termに留学することとなり、スケジュールに応じて何れかを選択可能。又、ほとんどの学校がフルセメスター(3~4ヶ月)の留学となるものの、よりフレキシブルなハーフセメスター(2ヶ月程度)の留学が可能な学校(私が行ったNYU)もある。

 

·        選考方法:例年1年目のAutumn Semesterが終わった後に選考が実施される。生徒の希望に応じて、第三希望まで申し出ることが可能。選考はエッセイ(比重65%)と成績(同35%)により行われるが、2017年卒の代の実績でいうと、8割近くの学生が少なくとも第三希望までの学校に割り当てられたとの実績あり(49%の学生が第一希望に当たっているので高確率と思われる)。選考のタイミングになると、学校側による説明会、交換留学から戻ってきたばかりの2年生との交流会等が実施され情報収集の良い機会となる。交換留学経験者の2年生は、1年生のアプリケーション審査にも関わることから、同交換留学経験者と接触すると選考に有利に働くと言えるだろう。

 

·        単位交換:フルセメスターの交換留学で、LBSに於ける4 Creditを持ち帰ることが出来る。ハーフセメスターのNYUの場合は2 Credit。

 

·        費用:学費は発生しないが、留学先までの渡航費、生活費は勿論自腹となる。

 

·        留学後の利点:留学先によっては交換留学するだけでAlumniのステータスを得られるところもあるが、トップスクールは基本Emailアカウントを保持出来る程度のベネフィットしかない。

 

NYUに行って感じたこと:

私自身は、米国MBAとLBSの比較の視座を得たかったこと、又、家族連れだったので家族で過ごしやすい場所、という観点でBerkeley、Columbia、NYU(ハーフ)の順でアプライしたところ、NYUに当選した。

実際に交換留学を振り返ってみると、(1) NYUのレベルの高いファイナンスの授業を受けられ、アカデミック面での学びが多かったこと、 (2) LBSの誇るダイバーシティの優位性を再認識出来たこと、(3) マンハッタンど真ん中で暮らす生活をどっぷりエンジョイ出来たこと、等のポジティブな効果があり、総じて行って良かったなと感じている。

これからLBSにアプライしようと考えている皆様にとって、NYUだけのことを書いても役に立たないと思う為、もう少しだけ広い視点で、LBSから米国MBAへの交換留学することのプロコンを以下に記しておく。

 

Pros

·        米国MBAの体験を通じて、LBSでの体験を相対化出来る(LBSの良いところとそうでないところをより深く理解できる)
⇒NYUではファイナンス系の授業x2、その他授業x2を受けたが、特にファイナンス系の授業はNYUだけあって教授およびゲストレクチャラーのクオリティの高さが印象的だった。一方で、教授・学生ともに米国バックグラウンドが支配的故、授業中のDiscussionや教授の解説を聞いていると「視野が狭い」、「LBSだともう少し多面的な議論や考え方に触れられただろう」と感じる場面が多々あり、逆に多様性に富んだLBSを選んで本当に良かったということを痛感した。

 

·        UK国外での生活を体験出来、新たな文化体験が出来る。
⇒私の場合は、マンハッタンのど真ん中に2ヶ月住んでいたので、休みの日はとにかく家族とのNY観光に時間を割き、ニュージャージー・ボストン等にも足を運んだ。米国の有名大学のIDを持っていれば多くの観光スポットや美術館にて割引が効く為、有効活用しない手はない。また、NYに於ける食事事情は(私見なるも)ロンドンを圧倒的に凌ぐので、食生活の満足度はかなり高かった。

 

·        レジュメ強化
⇒特に将来米国での就職を検討している人にとっては、米国トップスクールに交換留学出来れば、就職活動する上でのアピールポイントになるかと思う。

 

Cons

·        時間とコストがかかる
⇒航空券とVISA手配、パッキング、住宅手配、保険手配等、特に家族を連れている自分にとっては想定以上に準備に時間を取られた。私は夏期インターンをロンドンで行ったので、夏期休暇直後に必要手続きを踏んで交換留学することはどう考えても時間がなく困難だったと思うし、Half-semesterの交換留学を敢えて選んで、半学期分の時間が確保出来てよかったと感じている。

 

·        Opportunity Cost(ロンドン・LBSでの生活を一定期間離れることによる不都合)
⇒ロンドン外での生活は勿論魅力的だが、ロンドンでの生活や慣れ親しんだLBSの仲間との時間を一定程度手放さなければいけないことに伴うコストは意外と大きい。ロンドンの住宅をサブレット出来ない場合は文字通り二重の家賃負担によって費用が膨らむし、特に私費の学生にとっては交換留学先での就職活動が困難である為に、ロンドンでの就職活動の時間・機会を一定期間失うことになってしまうとの不都合もある。

 

·        課外活動に関わり難い
⇒突然他学から異なるタイミングで入る立場を踏まえると、交換留学先で新たに課外活動(プロフェッショナルクラブ、文化クラブ等)に関わることはハードルが高いと言えるだろう。

※NYUのみに当てはまる問題と思いますが、ハーフセメスターの留学となると基本夜間のPart-time MBAの学生と共に授業を受けることが多くなり、フルタイムMBA生と新たな人脈形成がしづらいという点もあり。

 

最後に、私はNYU交換留学中に国連本部で働く方々との接点が出来たり、同じタイムゾーンに本部を置く世界銀行グループ関係者とも対話が出来、国際機関関係者との人脈構築、キャリアについての議論が出来たのは大変有益であった。

 

上記長々と書きましたが、とにかくとても楽しいし、良い思い出になるので、交換留学は間違いなくおススメします!!

交換留学について

LBSでは、MBAプログラムの2年目の前半か後半に協定校のMBAに交換留学することができます。交換留学できる協定校は35校ほどあり、代表的なMBAプログラムは北米でWharton、MIT、Kellogg、Colombia、UC Berkeleyなど、アジアではNUS、HKU、 HKUST、CIEBSなど、その他ヨーロッパ、南米、オセアニアのMBAプログラムに留学できます。(詳しくは下記リンクを参照ください) 交換留学に行く理由は、1)特定のビジネス・エリアを学ぶため、2)その地域での就職活動のため、3)新しい言語を学ぶため、4)せっかくの機会だから楽しみたい、など様々です。私の友人もUCLAでエンターテインメントを勉強したい、Berkeleyでスタートアップを試したい、ColombiaかNYUでニューヨークを楽しみたい、HKUで中国ビジネスについて学びたい、などの理由で交換留学しています。各学校に数名の枠がありますので、LBSの2年生の約30%が交換留学制度を利用しています。LBSと交換留学を組み合わせて、自分にあったプログラムを設計することができます。

 

私は国際機関やソーシャル・ビジネスに興味があり米国のワシントンDCのGeorgetown大学のMBAプログラムに留学しています。ワシントンDCには世界銀行、IMFなどの国際金融機関の本部があり、最近人気のある社会的責任投資を行うファンドや財団も多く、この方面に興味のある方には留学する素晴らしい環境です。GeorgetownのMBAではSocial Innovationというクラスで社会企業家の視点を学び、Corporate Social Valueのクラスで経営者目線で持続可能なビジネスについて学び、Private Public Partnershipのクラスでは新興国でどのように政府やNGOと協力しながらビジネスを拡大するかというテーマで勉強しています。また大学経由で世界銀行グループの国際金融公社(IFC)との共同研究に参加することができ、現在パートタイムのインターンのような形でIFCの実際のプロジェクトを手伝っています。

 

Georgetown 大学ではMBAプログラムだけでなく、大学全体の様々なイベントに参加できるのも魅力です。特に外交・政治において最高峰の研究機関なので、毎週のように国際機関の代表や各国首脳のスピーカーイベントがあります。また外交政策大学院の授業も聴講することでき、MBAプログラムでは中々出会わなかったパブリックセクターの人々と議論するのは新鮮な体験です。

 

IMG_0569

 

交換留学は素晴らしい経験ですが、同時にLBSがいいなと思う場面もあります。特に違いを感じるのは、授業の進め方です。米国MBAは教授が圧倒的な主導権を持っているため、学生の発言も教授と学生の質疑応答になってしまいます。教授がしっかりポイントを押さえてくれるため授業内容は大変分かりやすいのですが、授業が脱線することがなく、少々物足りなく感じることがあります。またダイバーシティの面でも、アメリカの価値観だけで授業が進められていることに違和感を感じることがあります。例えば、企業の経営理念について経営者が心からMotivationがありAuthenticで Beliefがあれば経営のPurposeになると教授が教えていました。個が主体で、うまくいったらヒーロー、失敗しても再挑戦のアメリカ文化では、自分が信じること=経営の意義となるのでしょうが、そもそも何が社会的に正しいのか、自分の行動は周りにどのような影響を及ぼすのか、という議論が欠如しているように思いました。アメリカの同一な価値観の中にいると、物事をシンプルに捉えすぎて思考が浅くなってしまう危険性を感じました。

 

LBSでは学生が教授の理論に挑戦したり、学生同士の議論が活発になることもあったので、授業中に予想もしていなかった学びがありました。特に議論が活発になると、学生がそれぞれ経験や自分の国でのはこうなるという話を共有するので、活発なディスカッションがとても楽しかったです。そのような授業では、授業そのものから明確な答えが見つかるというよりも、授業を通じて新たな気付きがあり、新たな疑問が増えることを多く経験しました。今振り返ると、世界には様々な視点があることに気が付き、考え続けることの大切さを学んでいたような気がします。このような環境はトップのビジネススクールの中でも、特段LBSならではの環境だと思います。LBSでは、学生の平均年齢やキャリアの経験年数が多いだけでなく、全員がMinorityというダイバーシティがあるからこそ、お互いから学び合うMBAの醍醐味を存分に感じることができるのだと思います。

IMG_4054

S.N.

交換留学協定校のリンク

https://www.london.edu/education-and-development/masters-courses/mba/programme-content/international-exchange#.Vj1e0_-FMcE

交換留学 一粒で二度おいしい

LBSでは多くの学生がExchange、交換留学に行くことは何度が取り上げられているが、私も自身の交換留学の体験を書きたいと思う。

LBSの400名のMBA学生のうち、実に半数が交換留学に行く。交換留学は、2年目の夏学期(9月から12月)、もしくは春学期(1月から4月)に実施される。学校によって、どちらのタイミングでも行ける場合もあれば、どちらかしか受け入れていない場合もある。各学校ごとに、2,3名から10名程度の幅で交換留学生枠が決まっており、コアコースの成績とEssayの出来が良い順に希望の学校に行くことができる。

 

私は、MBA後のキャリアを考えアジア圏での交換留学を希望し、NUS(National University of Singapore)に交換留学することになった。

NUSのMBAプログラムの学生は100名前後で、そのうち20名ほどが交換留学生である。交換留学生はKellogg、Duke等のUSの学校が半数以上を占め、ヨーロッパやインド、インドネシアからが残りという感じだ。

 

実際に交換留学した上で、LBSと違った意味で非常に有益だったと思うポイントを上げたいと思う。

 

1. 学生

LBSと同様、様々な国から学生が来ているが、アジア圏からの学生が大多数を占める。必然的にアジアでのビジネスの経験がある学生が多いので、アジア圏でのキャリアを考えると、非常に有益であった。また、日本人視点で見てみると、日本に来たことがある学生や日本語を学んでいる学生などもいて、ある種、親近感を覚えやすいように思う。

一方で、交換留学生はUSの学生が多く、交換留学の期間の関係でアメリカ人だけとグループワークをすることもあり、それも新鮮に感じられた。

 

2. 授業

アジアにフォーカスした授業も多くあり、アジアのビジネス環境や、アジアの多国籍企業(トヨタ、サムソン等)について議論する場面も多かった。その中で、アジアで最初に成功した国としての日本や、その日本が抱える問題について、こういう風に言われているが、日本人視点ではどう思うか?という文脈で意見を求められることも多く、授業への貢献がしやすいように感じた。

また、LBSやUSのトップ校は同じだと思うが、クラスのサイズは80名程度である。一方でNUSでは、多くても40名程度で、よりインタラクティブに感じたし、Speak upしやすいと感じた。毎週、どれかの授業でプレゼンテーションを行っていたように思う。

 

3. アジア各国へのアクセス

当然だが、シンガポールからアジア各国へは、LCCを使ってアクセスできるので、非常に簡単に各国を周遊することができた。

ある授業で、我々のチームはミャンマーをテーマにグループワークを行ったのだが、学期途中の休暇を利用してミャンマーを訪れたのは、非常に貴重な経験になった。

 

 

交換留学に行くことで、それまでとは異なるセグメントの友人を作り、LBSとは違う授業スタイルを体験し、新たな国を訪れることができる。その意味合いで、交換留学というオプションは、LBSが重要視する「多様性の中での経験」の一つと言うことができるだろう。

最長2年間の留学の中で、一粒で二度おいしい思いができるのも、LBSの魅力だと実感している。

 

MBA 2014 S.T

交換留学体験記 上海CEIBS

LBSでは15ヶ月卒業を選ばなければ、2年目に他MBAプログラム提携校へ交換留学をすることができます。私は学部教育をアメリカで、大学院を日本で、MBAをイギリスで、と落ち着くことなくフラフラしてきたのですが、交換留学の機会も今まで教育を受けたことのない新しい国で、との思いから上海にあるChina Europe International Business School (CEIBS)を選択しました。 私見ばかりではありますが、上海への交換留学を終えて強く印象に残っていることを羅列してみます。限られた選択科目しか履修していないことから、CEIBSの授業関連に関しての記述は避けます。

 

・MBAのnetworkの有用さ

私は金融出身で、中国金融市場に興味があったのですが、投資銀行やアセットマネジメントで働いているLBS Alumniは多く、またalumniを通じて様々な方をご紹介していただきました。ヘッジファンド、VC、規制当局の方などとのお話しや意見交換の機会は上海に来ること/LBSのAlumni communityなしには効率的に設けることができなかったと思います。もちろん、CEIBSの友人や教授からも実務家を紹介してもらうことができ、色々な情報交換の機会が持てました。

・中国人のハングリーさ

中国人のハングリーさには圧倒される部分がありました。特に、こちらが中国語をわからないのにそれでも手を引いて部屋を見せる不動産屋には驚きました。このハングリーさは見習うべきところがあるなあ、となまじ外見が似ているせいか余計に思いました。

・日本人として中国で暮らすこと

「地球の歩き方」に掲載されていない山奥の村に行って『日本人と犬は接近禁止』という張り紙を見たときには笑いましたが、気を遣われたのか一緒に観光していたドイツ人からは「ここではMr. Kimという名で呼ぼう」と言われたことに居心地の悪い思いをしました。上海では日本好きな中国人ももちろん多いのですが、初めて会う人に自己紹介で国籍を言うときはいつも緊張しました。ロンドンでは2回目の留学ということもあり適当に過ごしていましたが、ここまで自分が日本人であることを意識したのは久しぶりだったと思います。

・上海での暮らし

上海では現地中国人宅にホームステイしました。生活習慣、良く見るテレビ番組、仲秋節での過ごし方、「アイさん(阿姨)」と呼ばれる家政婦への接し方など、一緒に住んでいたからこそ多くの側面に触れることができた気がします。学校まで距離があったので自転車には乗りませんでしたが、1.5元の肉まんを買い食いしながらバスに乗って学校へ行く学生生活は新鮮なものでした。

 

交換留学は楽しいことばかりでなく、デメリットもあるかと思います。私自身は交換留学の機会があること自体をLBSの大きな魅力と感じていましたし、実際に色々なことを考えさせられた上海での暮らしはMBA生活の一つの大きなハイライトとなりました。

(MBA2014 Y.M)

UCLA Andersonでの交換留学を終えて

UCLAでの交換留学が終わった。

LA生活もちょっと飽きてきたしちょうどタイミング良いかなと思っていたが、最後にFlatmateと交換留学生の友達とお別れランチをして、何か途端に寂しくなった。
このツンデレな性格は自分でも本当にどうにかならないかと思うが。。

LBSは交換留学/Exchange Programが盛んで、Class of 2013は学年の約3分の1が交換留学をしている/これからする予定。

どこに行く・行かないが、良し悪しを決める部分も多いと思うのだが、個人的に思ったことである程度一般的に言えるだろうことを書いておきたい。

大きく言うと、メリットは「間違いなく自分の経験の幅は広がる」こと。デメリットは「長期的なコミットメントに繋がる活動をするのは非常に難しい。」ということか。

(メリット)
・違う国/学校のEducationを経験できる。
・自分の母校には無い、その学校の得意分野の授業が受けれる。(UCLAであればHollywoodと密接な場所にあることを生かしたEntertainmentの授業)
・実際に住むことで、国/都市ごとの文化、教育、生活の差をリアルに感じる。
→個人的には、日本のCultureの都市ごとの浸透度合いの差が非常に勉強になった。
・気分的に3ヶ月なので、普段の留学中より旅行モードに入りやすい。(これは良いとも悪いとも言えるが、、11週末くらいのうち、Las vegas、Boston、New York、Orland、San Diego、San Franciscoと半分以上の週末をLA以外で過ごすことに。半分は就職活動ですが。)

(デメリット)
・留学先で就職活動したい場合、タイミング的にフルタイムの就職活動に響く。
⇔ただ、逆にアメリカ人の友人は自国に帰って就職活動をしている人もいた。
・3ヶ月だけなので、長期のコミットメントに繋がる活動が難しい。これは交友関係にも言えて、Exchangeの学生はExchangeの学生で固まりやすい。(ただ、Berkeleyに行っている友人はよりFull timeの学生と混じっていると言っていたので学校に拠るか)

LBSでの留学・勉強、ロンドンでのインターン、UCLAでの交換留学と経験の幅を広げる活動は大分出来たので、段々社会人復帰して腰を据えて何かをやりたい気持ちが増しているのも事実で、そろそろ自分の軸を決めた活動を最後にパシッと一個して留学生活を〆たいな、と思う今日この頃です。

在校生ブログ「ロンドン留学生活|音楽とサッカーとPintと」より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る