受験体験記/No.9/MBA2019/社費・金融

 

1.基本情報

A)    職歴:金融(法務2年、プロファイ3年、官庁出向2年、企画1年)

B)    留学形態:社費

C)    英語・海外経験:出張程度

D)    受験校 (欧州)LBS、IESE    (米国・その他)無

E)    合格校(Waitlist除く):LBS、IESE

F)    GMATスコア:700(V35、M49)

G)    IELTSスコア:7.0(R7.5、L6.5、S7.0、W7.0)

H)    奨学金:無

I)     LBSへのキャンパスビジットへの有無:有

 

2.Why MBA?

①  マネジメントスキル

年次的にも課長代理・補佐になってくる前に、一度上司としてのマネジメントスキルや、経営企画としての組織・戦略等を学びたいと思っていたが、机上よりもケース等による学びの方が有益と考えたため。

②  海外経験

これまで海外業務に携わったことはあったものの、海外に住んだこともないまま30歳を過ぎ、さすがにそろそろ海外経験を積む必要があると考えた。また、会社の駐在等では場所が自分では選べない点、留学なら自分で場所を選べることもプラス(勿論受かればだけど)。

③  家族

卑近ながら、これまで子育て含めほとんど家庭を省みられなかったので、一度落ち着いた環境で家族に恩返ししなきゃなと(←じゃないと子供が懐かないのよ!)。

 

3.Why LBS?

①  Diversity

仕事へのフィードバックを考えた時に、米国に限らず、むしろ途上国も含めた多種多様な国籍の人の中で仕事をしていくことになるだろうと考えたため、実質米国生まれの多い米国MBAよりも欧州MBAを志向。

②  金融

金融機関に勤めてはいるものの、プロファイというかなり狭い分野しか携わっておらず、また、自社がこれからエクイティ投資等単純な融資以外にも業務を拡大しつつあることから、エクイティを含めた幅広いファイナンスを学びたいと考え、ファイナンス分野に強みを持つ学校を希望。

③  プログラムの長さ

せっかく社費で留学するなら長い期間を希望(ただし、会社制限のため最長18か月)

④  都市圏

妻子同伴で留学するにあたり、夫婦共々都会の生活しかしたことがないことや、保育園や病院等子供に必要なものが揃っているという意味で(あと色んな観光名所、、、^^)、都会の学校を希望。

 

4.受験スケジュール及び準備

2015年8月:IELTS 7.0獲得

(↑最低限はクリアした感に加え、業務多忙や子供誕生も重なり、勉強を放棄)

2016年5月:社費選考合格、GMAT勉強開始

(↑リスタート!と思いきや、終電で帰れれば幸せと感じる日々のため、実質5~6月はたいしてできず)。

2016年10月:GMAT初受験、出願スコア獲得

(↑なかなか手応えが出ないGMAT、ええい、ままよ、と受けたらなんとかなる。今振り返ると、ここが悪ければR3か、1月入学校シフトだった予感^^;皆さんはもっと早めに受けましょう)

2016年10-12月:エッセイ作成(Ed)

(↑GMATを終え、10月末にEdに初めて会う。「え、来年受験?!再来年じゃないの?!」と言われる。余裕じゃわ)

2017年1-2月:インタビュー対策(Ed+Matthew Aldridge)

2017年3月:合格通知を貰い、第一志望のLBSに進学決定(←Edよ見たか!)

 

5.使用教材、予備校、カウンセラー

(IELTS)

Official Guide:あまりいい日本語の教材もないため、これをかなり古いバージョンまでやった。

Lingo:数少ないIELTS塾(新宿)。値段も高くなく、ぼちぼち良かった印象。

Plus One Point:珍しいオンライン塾。豪在住の多数の日英バイリンガル講師を抱え、ネイティブのレッスンが受けられる。IELTSに特化しており、特にWritingは良かった。

(GMAT)

御徒町のYES:唯一通ったGMAT塾。SCは、Official Guideの解説だけでは全く分からないと聞き、通塾。YESの教材の予習・復習を重ねることで、SCの点数が安定してきた上、何より授業が恋愛ネタやら下ネタ(?)やらが楽しすぎて、また暇になったら受けたいぐらい(曰く、「お前らが覚えやすいように敢えてこういうの言ってるだけだからな!」とのこと)。ただ注意点として、YESの問題がほぼ完璧に解けても、本番のSCはもう少し難しいため、Official Guideも最後は習熟する必要があるかと(誤解を与えたかもしれませんが、YESは非常に有用です!本番も問題によっては勿論解けるようになるし、難しい問題も根拠をもって5択を2~3択ぐらいまで絞れます)。

勉強法:平日は、SCはYES教材+Official Guide、CR/RCはOfficial Guideを解いたり復習したりしつつ、週末はGMAT Prep(オンライン上の模試のようなもの)をやって、時間配分等本番に慣れた。GMAT Prepは無料では試験2回分しかないものの、有料で更に数回分入手できるため、これも購入。Qはマスアカの引っかけ問題集+Q用の英単語確認ぐらい。

(カウンセラー)

Ed:エッセイ・インタビューいずれもメイン。合格実績も豊富、会ってみても、日本人的なきちんとした対応をしてくれそうとの印象だったため、依頼(あと、もう何人も吟味している時間がなかったw)。結果的には、あまりEd自身が「こういうエピソードを入れろ!」という押し付け的なことはしてこない点、個性が尊重されて非常にいいと思います。他方で、煮詰まった時にあまりがんがんアイデア出しはしてくれないので、こちらから「過去の例教えて」と積極的に聞く他、「日本人のためのMBAエッセイ インタビューキャリア対策(著:デバリエ)」でのエッセイ例を参考にしたりしました。

Matthew Aldridge: Edとの練習ばかりになると、当然ながら次第に面接時の緊張感がなくなってくるので、セカンドのインタビュー対策として活用。回数は少なかったものの、指摘も的確で、非常に好印象。

 

6.受験生へのメッセージ

正直あまり金をかけたくなかったので、苦手の英語(IELTS)以外はかなりケチりましたが、今考えるとお金か時間かのどちらかはかけた方がいいと思うので、ただでさえ社費選考やスタートが遅い人は、思いっきり最初から金をかけた方が後悔しないように思います。

それと、受験とはいえやはりそこは日本の筆記テスト一発試験とは違って総合考慮のため、人によってはあの手この手でインパクトを出そうとしている人もいるみたいです。GPAやスコアが若干低くても、エッセイや知り合いの卒業生やキャンパスビジットや、いろいろ工夫をこらして諦めずにアピールをしていったら、光明が差すんじゃないかと思います。頑張って!

受験体験記/No.8/MBA2019/社費・コンサル

LBSに関心をお寄せ頂きありがとうございます。現在1年目のTです。

一般に、海外MBAを考える人は、キャリアチェンジ(企業・職種・地域を変えたい)という人が大半(LBSでいうと、クラス全体の85%程度)なのですが、日本企業および大手コンサル・一部のPEファンドには社費制度があり、キャリアチェンジは考えていないしMBAは必須ではない、ただし現在のキャリアの延長線上でのステップアップを見据えた際、何かが足りない・ クオンタムジャンプが必要である、そんな人がアプライするケースが多くあります。

私もそんな一人であり、これまで通りの業務を続ける・海外移籍を目指す・出向する等の選択肢の中から、悩みながらMBA受験を決め、ロンドンでの生活も3ヶ月が過ぎました。

似たような境遇にある方々の参考になればと思い、どのようにMBA受験を決めたのか、新生活を始めて実際にどう感じているか、簡単に綴りたいと思います。

 

1.基本情報

A)    職歴:外資コンサル4年 (M&A、コスト競争力強化を通じた日本企業の製造業の支援)

B)    留学形態:社費

C)    英語・海外経験:中国語圏に1年留学、インド・バングラでの短期間のプロジェクト経験

D)    受験校 (欧州のみ受験)LBS/INSEAD/Oxford

E)    合格校(Waitlist除く):LBS/Oxford(Fast track)
(INSEADからはGMATスコアを上げればインタビューに呼ぶというメール。時間もなかったので断念)

F)    GMAT(GRE)スコア:650(V29、M49)  

G)    IELTS:7.5(R8.5、L8.0、S6.5、W6.0)

H)    LBSへのキャンパスビジットへの有無:なし

 

2.Why MBA?

元々19歳の台湾留学時までパスポートすら持っておらず、「海外?英語?なにそれ美味しいの?」というレベルでした。台湾・上海での一年を経て、日本企業の海外での可能性、具体的には栄養・インフラ・公害といった世界的な社会課題に対して日本企業は多くの潜在的   ソリューションを有していること、しかしその活用には経営/人材面の課題が多く、このままでは海外の列強に置いていかれるどころか実現できるはずの課題解決すらできない、という意識をぼんやりと持つようになり、国境をまたいで経営課題を支援できる外資コンサル会社を志向しました。

仕事では、まさに思い描いていたチャレンジが用意されており、辛いことも多いながら仕事も会社も本当に好きと自信を持って言えるようになりました。インドに放り出されても、難治療と言われる案件でも、チームで力を合わせればなんとかできると思える胆力も身につきました。

このまま仕事を続けることへの不満は全く無かったのですが、19歳からずっとコンプレックスであった英語、ひいては国籍や職歴が全く異なるチームメンバーと協業していくうえでの グローバルコミュニケーション力という点において、このままではまずいという認識がずっとありました。さらに結婚という転機を迎えてもなかなか妻と時間を取れないということにも危機感があり、環境を大きく変えてみる良い機会なのではないかと思い立ち受験を決めました。

 

3.Why LBS?

入社後、日本の競争力が高く、インフラという大きい課題にアプローチできる製造業の支援を行ってきました。製造業は特に裾野が広い産業であり、一つの機械を作るのにチェンナイのハードウェアエンジニア・上海のソフトウェアアウトソーサー・ミュンヘンのパートナーと協業しながら東京の会社が開発をし、アメリカ西海岸で売る、といったことは珍しくありません。その上で、日本や欧米の人だけと一緒に仕事を進めていくのではなく、世界中のチームメンバーと協業できるリーダーシップおよび言語能力を伸ばしたい、というのが受験理由でしたので、生徒・教授の多様性が高い欧州の学校のみを志望していました。妻の生活環境も考え、英語の通じる大都市のスクールに的を絞り、LBS、INSEAD(Singapore)、Oxfordをリストアップしました。自社から三校へ留学した先輩方の話を伺うにつれ、ある程度のフィットも感じることができましたので、志望校を確定させました。

 

4.受験スケジュール及び準備

2016年4月からIELTSを始め、4回目くらいの6月中旬の受験で7.5が出たのでIELTSを終了させ、GMATに移行しました。同期間に並行してMBAホルダーに話を伺ううちに、MBA受験プロセスは自分の目標や足りないものを見つめ直す絶好の機会であると感じるようになり、7月からはGMATに並行してエッセイ作成を開始しました。濱口塾の濱口先生にスカイプベースでエッセイ作成を進め、10月にはほぼ骨子が固まっていました。

一方GMATは大変苦労し、5回受験したにも関わらず目標スコアが出ず2回目の650で出さざるを得なくなりました。

 

5.使用教材、予備校、カウンセラー

エッセイの濱口先生は、先輩方の評価が総じて良いこと、日本語でディスカッションし日本語で作成したものを英訳して頂けるという点、スカイプなので移動時間が無駄にならないという3点が良いと思い契約しました。あとでわかったことですが、非常に生徒・卒業生とのコミュニティづくりを大切にしてくださる先生で、合格後飲みに連れて行ってくださったり卒業生も紹介頂いたりしており、大変感謝しています。

インタビュー準備は濱口塾と提携しているMatthew Aldridgeにお願いしました。効果的かつ前向きなアドバイスに加え、何度受講しても固定価格という点も良いと感じました。その他、個人でサービスをしているJohn Kania、英語が得意な親戚にもモックインタビューを依頼しました。Johnは外資コンサルの顧客が多く、業界状況を理解した上でアドバイスをくれるためこちらもおすすめです。

IELTSは独学、GMATはYESに1ヶ月程度通学しました。

 

6.受験生へのメッセージ

辛いプロセスにも楽しさはある: 

多くの人が辛いと語るエッセイですが、私にとっては人生を見つめ直す最も楽しいプロセスでした。エッセイやインタビューでは5年後、10年後の夢を語る必要があるため、最初は無理やり志望動機を語らざるを得ませんでした。しかし受験プロセスを通じ、濱口先生、先輩や同期、社外の知人たちに相談するうちに最初は作り話のように語っていた夢がブラッシュアップされ、現実味を帯び、いつからか心から語れるようになっていきました。入社後忙しさにかまけて忘れかけていた学生時代の夢を思い出し、将来の目標と現在の仕事との一貫したストーリーを構築できたことで、日々の仕事に「意味付け」ができ仕事をより一層楽しめるようになりました。

スクールの事前評判は正しい: 

LBSが謳う多様性およびそのマネジメントという観点において、スクールは最高の環境を提供してくれています。例えば現在行っているプロボノコンサルでは、インド・ルーマニア・アメリカ・スペイン・シンガポールのチームを率いてイギリスのクライアントに対してどうバリューを出すか、という経験ができています。また、スクールは「ロンドンという街で学んでほしい」という点を大切にしていると聞いていましたが、実際に極めてフレキシビリティの高いプログラムを提供してくれており、アカデミックを学びたい人、クラブ活動を楽しみたい人、インターンに集中したい人などあらゆるニーズに応えてくれます。私は1年目の後半からは授業を週1-2日に寄せ、ロンドン郊外のEV(電気自動車)スタートアップでのインターンを予定しています。

 

受験プロセスでは多くの人が何かに躓き、途中で断念する方も多いと聞きます。それはスコアメイキング、エッセイライティング、卒業生とのネットワーク発掘等、全く違う能力を試されるからであり、当然の苦労とも言えます。私の場合はGMATをやっている期間は精神的に本当に辛く、キャリアチェンジを望んでいないからこそ、なぜこんなことをやっているのかと自問自答する日々でした。そんな中では、「このままの延長線上で、5年後、10年後、30年後、本当に仕事を楽しめるのか」「留学後の自分ならもっと活躍できるのではないか」そう考えることでモチベーションを保つ他ありません。

思うように進まない受験準備ではありますが、辛いプロセスを乗り越えたからこそ待ち望んだ機会を楽しめるのであり、ぜひ諦めずにやってほしいと思います。その上でもしご縁があったならば、毎年4月に行われるLBS Japan Clubの同窓会にて、ぜひ桜を見ながら語り合えれば嬉しいです。

受験体験記/No.7/MBA2019/社費・総合商社

 

1.      基本情報

A)    職歴:総合商社(エネルギー・インフラ)

B)    留学形態:社費

C)    英語・海外経験:米国9年

D)    受験校: LBS、米国複数校

E)    合格校(Waitlist除く):LBS

F)    GMAT(GRE)スコア:720(V38、M50)  

G)    TOEFL(IELTS)スコア:112(R29、L27、S28、W28)

H)    奨学金:無

I)     LBSへのキャンパスビジットへの有無:有

 

2.      Why MBA?

-       バックグラウンド

父親の転勤に伴い9-18歳を米国、その後慶應大学卒業後、現在の会社に就職。学生時代は 終始部活に専念した事も有りMBAの存在すら知りませんでした。

MBAとの出会いは社会人3年目。MBA(Kellogg)を取得した所属部署の先輩の影響を受け、本受験に向けた準備を開始。長く厳しい道のりでした。

 

-       Why MBA?

「危機感」です。強烈な危機感に至った背景は以下3つの要素があります。

a.    Growing painの軽減

b.    キャリアに於けるownershipの強化

c.    リーダーシップの強化

 

a.    Growing painの軽減

目の前の課題解決に向けどれだけ全力投球し、自身の限界までストレッチしているかという 事を大事にしてきましたが、社会人3年目で自身がぬるま湯に浸かっている事を実感し、強烈な危機感を抱きました。

 

b. キャリアに於けるownershipの強化

中長期的な目標・ビジョンを確立出来ていない事もあり、比較的ピボットし易い(と考えた)総合商社に入社しました。総合商社での実務は刺激的ですが、常に会社側から提示される人材配置に盲目的に従うのでなく、個人の確かな価値を会社側に提示しbinaryな対話を持つことも自身並びに企業双方の成長において不可欠(当たり前)と感じました。

 

c. リーダーシップの強化

ビジネスがグローバル規模で展開される中、確かなビジネス知識(ハードスキル)及び如何なる環境でも通用する人間力(ソフトスキル)の強化が必須と感じました。その上で一度所属 組織を出て、世界中の優秀な人材と切磋琢磨し、自身の現状と更なる成長要素を把握することが重要と考えました。

 

3.    Why LBS?

LBS面接時、私は以下の3点を主張しました。

 

a.    Leadership under diversity

LBSの最強にして最大の魅力だと思います。英国以外の外国籍が9割を占めるLBSは、各チーム6名構成のStudy Groupを初め、様々な場面で多様性に富む環境下でのリーダーシップ能力の強化が可能です。

ここでの私が主張したポイントは、異なる価値観からなる環境に於いても、leadership は 世界共通言語として様々な壁を打ち破る武器として捉えている事、そしてLBSの2年間を通じ真のleadership能力の開花を図りたい、というものです。

 

b.    Global network that lasts a lifetime

1点目の延長線とも言えますが、LBSの一員になる事で世界各国に広がるLBS Global Networkにアクセスが可能です。MBA取得後の今後の仕事及びプライベートに於いて、世界各国に信頼出来る仲間がいる事は自身の財産です。

 

c.    Flexibility allowing you to identify your opportunity

LBSのflexibleなcurriculumは深掘りしたい分野やキャリアパスが確定していない人にとっては素晴らしいシステムです。数あるelectivesの自由な選択に加え、コンペ、クラブ活動、 インターン、旅行他、個々人が注力したい事を軸にカリキュラムを組める事は魅力的です。

 

4.    受験スケジュール及び準備

2016年4月 社内選考 合格

2016年4月 TOEFL出願スコアを獲得 

2016年10月 GMAT出願スコアを獲得 

2017年2月  LBS出願

2017年3月 米国複数校 面接

2017年4月  LBS面接

2017年5月  LBS合格

 

5.    使用教材、予備校、カウンセラー

【TOEFL】

海外生活が長い事もあり然程苦労しませんでした。TOEFL英単語3800は活用しました。

 

【GMAT】

(言葉は悪いですが)死ぬほど苦労しました。勉強開始当初は、独学で巷の教材をひたすら 解きましたが、余りにも点数が伸びず、AGOS・アフィアンス・YESを経て漸く点数が出ました。最終的に私がオススメしたいのは以下です。

 

「Verbal」

SCは「YES」、CR/RCは「語彙力」+「Economist + Scientific American」。

YES:SCに関して吉井先生は日本で最強だと思います。私は英語を海外で学んだ事もあり、言わば日本で教える英文法を軸とするYESの指導方法は自身には合わないだろうと勝手な先入観を持ったことが失敗でした。私は約2月YESに通いましたが、同期間でVerbal Scoreが10点近く向上しました。

CR/RC:語彙力とスピードが重要です。語彙力の強化方法はTOEFL3800、そして(地味極まり無いですが)Economist、Scientific Americanの不明な英単語を書き収めひたすら鍛えました。EconomistとScientific Americanはon-line購読し、兎に角読みまくりました。

「Math」

マスアカ、gmatclub(on-line)。マスアカは基礎固めとして活用、gmatclubは難易度の 高い問題も含め質問数が豊富なのでオススメです。

 

【カウンセラー】

Vince Ricci、Ed Lee。

共に素晴らしいcounselorですが、敢えて二人のPros/Consを下記します。尚、カウンセラー選択で最も重要なのは相性ですので、複数のカウンセラーとコンタクトをし自身のフィットを確かめることをオススメします。

Vince Ricci:

Pros: 文章の効果的な言い回し、表現方法に優れており、エッセイの最終的なbrush upで 最も助かりました。加えて厳しい指摘もしてくれるのでエッセイのネタ出しなどのブレスト段階で助かりました。

Cons: 若干機嫌の浮き沈みがある事、最新のMBA事情(面接時の質問内容、各校のトレンドなど)に必ずしもcatch upしていないこと。

 

Ed Lee:

Pros: 多数の生徒を抱えている事もあり非常に情報量に優れています。またクライアント視点を有しており非常に安心感あり、レスポンスも早いです。

Cons: 限界を超えた時はたまに寝かかっている事くらいかと思います。

 

6.    受験生へのメッセージ

非常に苦労したMBA受験でしたが、最終的に素晴らしい結果となりました。この長く厳しい道のりで、最終的に勝機に繋がったのは「どれ程本気でMBAに行きたいのか」の1点に尽きると思います。

激務な仕事、家庭の事情、飲み会の誘惑、伸び悩むScore、各校からのdecline他、ハードルの多いMBA受験ですが、最終的には諦めずに継続することが大事だと思います。受験の皆様にはMBAに行くという強い気持ちを持ち、自身を信じて頑張って頂きたいと心より願っています。

受験体験記/No.6./MBA2019/社費・コンサル

1.基本情報

A)     職歴:経営コンサルタント

B)     留学形態:社費

C)     英語・海外経験:海外出張・研修等

D)     受験校(欧州)LBSを含む2校 (米国)5校

E)     合格校(Waitlist除く):LBS

F)     GMAT(GRE)スコア:700(V32、M50)

G)     TOEFL(IELTS)スコア:TOEFL 106(R29、L27、S23、W27)

H)     奨学金:無

I)      LBSへのキャンパスビジットへの有無:無

 

2.Why MBA?

・仕事に慣れてきて新たな学びが減ってきた為、環境を変えて新たな刺激を得たかった事に加え、

・経営に関する知識をOJTで学んできたが知識に偏りがあった為、包括的な知識を得る機会を探していました

・最後に、これまで海外経験が旅行や研修程度しかなかった為、単純に海外生活への憧れもありました

 

3.Why LBS?

・Londonという都市の魅力:世界有数の都市であり多くの著名人がキャンパスや近郊に訪れる為、貴重な話を聞く機会が多数ある点に魅力を感じていました。入学してから覚えている限りではAir AsiaのCEO、ユーグレナ社の出雲社長、国内の有名なPEファンドのパートナー等が訪れています。また、英語が通じ、公共交通も整備されており住みやすい点や、ヨーロッパの他国への旅行が容易な点も魅力でした

・フレキシビリティ:入学時点でfinanceに興味がありましたが、それが自分にfitするか分からなかった為、financeを追求しつつ、他の分野に興味が出た場合には、そちらもつまみ食いできる環境が欲しいと思っていました。LBSでは今年からcoreの期間が1学期目 (8~12月)だけになり、以降はtailed coreと言ってelectiveに近い形で好きな授業を取ることが出来るようになっており、非常にフレキシブルな点が魅力的でした

・日本人の多さ:妻と渡英したのですが、在学中に妻が入りやすいコミュニティがあった方が良いと考え、日本人の学生数も一定程度重視しました

 

4.受験スケジュール及び準備

16年3-5月:会社を2か月間休職しTOEFLの勉強に集中。2週に1度受験し、6-7回目で目標点を獲得。4月より濱口塾へ申し込みを行い、TOEFLと並行してGMATの勉強を開始

16年7月:GMAT初受験で700点を獲得。Verbalのスコアが低かったため、その後スコアアップを狙い3回受験するも点数が下がり続けた為、初回のスコアが提出スコアとなる

16年8-10月: 江戸義塾へ申し込みを行い、1st ラウンドで出すと有利な学校へ出願する為、エッセイの作成とインタビュー準備を行う

16年11月:2校のインタビュー実施

16年12月-17年1月:1校がwait list, 1校が不合格で凹む。業務多忙の為、受験を翌年へ延期することを一時検討するも、上司に”来年もどうせ忙しい”と言われ、LBSを含むその他の学校のエッセイを気合で作成

17年2月:LBS含む3校のインタビュー

17年3月:1校がwait list, 1校が不合格で再度凹む。2017年の進学を諦めていた所、最後にLBSからオファーを貰い、受験終了

 

5.使用教材、予備校、カウンセラー

TOEFL TPO, 英単語3800

・80点台から目標スコア獲得の為に1,500時間の勉強が必要という情報を基に、日次の計画を立て、ひたすら計画をこなしていきました

・主な勉強方法としてはTPOやネット上に転がっている問題を多く解く事で出題形式や傾向に慣れた事に加え、Writing/speakingはある程度ネタをストックして、暗記問題として回答が出来るようにしました

 

GMAT 濱口塾

・Mathは理系の院卒だった為、濱口塾の問題を一通り解く事で対応できました

・Verbalは合計4回受験し点数が安定しなかった為(27~34)、アドバイスは他の方のものを参照ください。。

・また濱口塾を受講している方は録音の音声を聞いて勉強されている方が多いかと思いますが、「Okoshiyasu2」というフリーソフトが再生速度の変更やスキップ・巻き戻しがショートカットキーで操作出来る為、お勧めです(※フリーソフトの為、セキュリティー面に関してはご自身の責任と判断でダウンロード頂ければと思います)

 

カウンセラー Ed Lee

通う時間が勿体ないと考えた為、訪問せずメールやskypeで対応してもらえるカウンセラーを探しました。うち、評判の高かったEdと契約しました。Edは仕事が早くドラフトを出すとすぐに添削をしてくれる点、雑多なドラフトでも効果的な表現を使って制限文字数内に編集してくれる点が非常に良かったです。

 

インタビュー

濱口塾と提携しているMatthew、Interfaceのルクレアの2人にカウンセリングをお願いしました。 Matthewにはインタビューってそもそもどうやって回答するのかという基本的な事を学ぶのにお世話になりました。一方のルクレアは一歩突っ込んだフィードバックをくれ、どちらかと言うと応用編というイメージで、こちらの練習も非常に役に立ちました。

 

6.受験生へのメッセージ

LBSの生活は、授業での新しい知識の獲得、Study Groupでの議論、Case competitionへの参加、Club活動、旅行と日々刺激に満ちており、本当に来てよかったなと感じています。学校に関して何か知りたいと思ったら、パンフレットやウェブサイトを見るだけでは分からない事も多々あるかと思いますので、ぜひ気軽にお声かけください!

 

 

受験体験記/No.5./MBA2019/社費・銀行

1.基本情報

A)     職歴:メガバンク(国内営業2年、NYトレーニー2年、M&A/アライアンス5年)

B)     留学形態:社費

C)     英語・海外経験:英国2年、米国2年

D)     受験校 (欧州)LBS、(米国)6校  

E)     合格校(Waitlist除く):LBS、Indiana Kelley

F)     GMATスコア:660(V31、Q49)  

G)     TOEFLスコア:106(R29、L28、S22、W27)

H)     奨学金:N/A

I)       LBSへのキャンパスビジットへの有無:無

 

2.Why MBA?:

組織改革に強い関心があるため。日本の大企業は依然新卒至上主義且つ、社内で育成することを良しとしていることから、組織を『内から』変えるしかないという現状に鑑みて、MBA留学を通して、様々な(特に職業的)価値観・人生観、経営手法、そしてワールドワイドなネットワーキングを得たいと考えている。そして、それらを自分の会社に持って帰ることで、まずは少しでも『うねり』を作りだしたいと考えている。

 

3.Why LBS?:

(1)ロンドンで生まれたこともあり、いつか一度は赴任したいと考えていたが、キャンパスビジットをして兎に角LBSにひとめぼれ。

(2)ロンドンという土地柄、金融機関は勿論のこと、Tech系Start-upへのアクセスが容易であることも◎(Brexit後にどうなってしまうか心配ですが。。。)。

(3)人事に関連した組織改革に関心があるので、リンダグラットン教授(「ライフシフト」著者)が在籍していることも魅力。

(4)外国人といっても米国育ちやundergraduateを米国で取得している、米国勤務が長い等、内実は意外とdiversifiedされてない米国MBAと違い、ピュアにグローバルな構成となっているので、卒業後のネットワークも広範に築ける。銀行業務の今後の広がりを考え、アジア~中東~アフリカ圏のネットワークを重視。

(5)所謂おっさん社費組(アプライ時33歳)なので比較的平均年齢が高いこと(MBA2019は平均29歳)もフィット。

 

4.受験スケジュール及び準備:

2016年2月 社費留学内示、TOEFL勉強開始

2016年4月 カウンセリングをReve Counselingに決定

2016年6月 GMAT勉強開始

2016年7月 TOEFLが目標を超えたのでGMATに集中

2016年9月 エッセイ開始

2016年11月 米国MBAビジット

2016年12月 2ndラウンドで8校提出

2017年1月  LBSビジット

2017年2月  各校面接

2017年3月  LBS合格(生きててよかった)

 

5.使用教材、予備校、カウンセラー

TOEFL:

(全般)Andy勉強会、TPO 

(Listening)AGOS, App『TOEFL聴解』

(Speaking)AGOS 

 (Writingwww.toeflresources.com

 

GMAT:

(予備校)Affinity英語学院

結果は芳しくなかったですが、飯島先生にはとてもお世話になりました。

(カウンセラー)Reve Counseling 

一言でいうと、最高です。受験生の価値観を大事にするスタイルなので、とてもフィットしました。あれ書け、これ書けと指示するタイプではないので、留学の意志と目的が確りしている人にはとても良いと思います。そしてGMATに苦しんでいる際に、何度も勇気づけられました(あ、目から汗がっ…)

 

6.受験生へのメッセージ

私の然程長くない人生経験ではありますが、MBA受験プロセスから下記を学びました。

(1)   MBA受験≒スコアメイク:もし『ほら、みんな言うやん?スコアがすべてじゃないって。あれ、嘘やで!』って東大阪あたりの昼から飲んだくれているおっさんが言っているとしたら、彼は真理をついていると思います。スコアがない人に人権なんてありません。スコアがあって初めてスタートラインに立てます。(個人的にはスコアへの過度な偏重はどうかと思いますが)特に米国MBAを目指される方は死ぬ覚悟で700点を目指すべきです。一部の特異な職歴の方を除けばエッセイにインパクトがあろうと、低スコアでは話にならない!1~2月にガンガン落ちまくる、あの絶望感を皆様には味わってほしくないです。

(2)   諦めなければ道は開ける:かのD・カーネギーは言っていました。『道は開ける』と。そう、最後まであきらめないことが肝心です。あらゆる努力を惜しまなければ神は見捨てない(はず)。スコアがイマイチでもLBSに滑り込んだ私が言うんだから間違いないです。あがいてください。正攻法だけではだめなら寝技も考えてください。そう、かのRADWIMPSは言っています。『上じゃなくたって、下じゃなくたって、横にだって道はあんだ』

(3)   LBS最高:控え目に見て、LBSは最高の学校です。是非受験してください。え、魅力をもっと聞きたいって?OK、いつでも連絡まってるぜ!!(お問い合わせ先:http://www.lbsjapan.com/contact、その他のご質問等欄で『LBSに在籍している一番頭がおかしい日本人に会いたいです』とご記入ください)

1 2 3 4 5 6 25
(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る