交換留学でUCLAに来て、2週目が終わった。

天気も良いし、兎に角キャンパスが広くて気持ちよい。Undergraduateの生徒の方が多いので、若々しい雰囲気に満ちているのも新鮮である。

LBSの2年生は学年の3分の1がこうやって交換留学の機会を得て、アメリカ、他欧州、南米、アジアなどで1学期間を過ごす。これだけ多くの機会を作り出せているLBSは本当に素晴らしいと思う。

さて、ビジネススクールを選ぶ基準というのはランキングやブランドといったものから、授業の特色まで色々とあると思うけど、日本人が意外と無視しがちなのが「立地」だと思う。

前職は本社は何故か青山・六本木エリアに構えているが、メーカーなので駐在するとしたら工場や倉庫と隣接した田舎(もしくは郊外)に行く確率がかなり高かった。一方、MBA留学となると色々と理由をつけて、立地を自分の好みに合わせて選べる。単純な好みの話だが、幾分都会育ちなもので、田舎(もしくは郊外)の学校を選ぶIncentiveは自分の中に存在せず、「学校として良さそう」×「住みたい場所」でApplyする学校をどんどん切っていった。

後から振り返ってみればこれは大正解で、結局「学校の質」と「立地」があなたがアクセスできる学内と学外のリソースを決めてしまう。欧州でインターンや就職活動したい場合は、ロンドンが圧倒的に案件も豊富でネットワーキングの機会も多いし、もし米国でエンタメ企業に興味があるのであればLAが圧倒的にネットワーキングに有利である。そして、シリコンバレーに興味があるなら圧倒的にスタンフォードだろう。

UCLAでは二つのエンターテイメント関連の授業を取っているが、教授はリアルビジネスに生きている人(1人は映画関係でマトリックスなど製作に関わっていた。もう1人はTVでFOX、MTV、Oprah Winfreyの会社などで働いてた)だし、一つの授業でそれぞれ自己紹介した時は学生の大半が夏のインターンを映画製作・配給会社、TV局や音楽会社で過ごしていた。

特にキャリアチェンジを前提にMBA留学される方、海外でのインターンやFull time就職に興味のある方は、ランキングも大事だが、MBAを通じて何を得たいのかを考え、そのリソースがその学校の学内及び学外のリソースで得れるか、を十分調査して行く学校を決めてほしいと思う。

在校生ブログ「ロンドン留学生活|音楽とサッカーとPintと」より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る