ロンドンビジネススクールは、University of Pennsylvania, Wharton、Massachusetts Institute of Technology, Sloan 等のUSの学校をはじめとする世界の30校以上とエクスチェンジプログラム (交換留学)の提携をしています。

国際色豊かなロンドンビジネススクールの学生は好奇心旺盛で、欧州、US、アジア、ラテンアメリカ、アフリカ、オーストラリアにある他校への留学を絶好の機会ととらえ、多くの学生がエクスチェンジプログラムに応募します。ロンドンビジネススクールの一学年は400名ですが、実にその約35%が、2年次の秋学期または春学期の3ヶ月間を提携校で過ごします。将来のキャリア目標や好奇心に従って学校や国を選び、専門性を高め見聞を広めることがいとも簡単にできてしまうのです。また、ロンドンビジネススクールの他にもう一つのスクールの人的ネットワークを得ることができるのは、大変大きなメリットでしょう。

人気校へのエクスチェンジを希望する場合、厳しいセレクションを通過しなければなりませんが、ロンドンビジネススクールは多くの枠をもつため、実際ほとんどの学生が第3希望までの学校への交換留学を実現しています。Exchange Programme の提携校一覧はこちらをご参照ください。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る