Japanese Whiskey Night 2018 を開催しました!

MBAカリキュラム

11月上旬に”Japanese Whiskey Night 2018”を開催しましたので、簡単にご紹介させて頂きます。

本年2月に日本酒イベントを開催した際にも言及がありましたが(http://www.lbsjapan.com/archives/3583)、LBSの最大の強みである”Diversity”を体現するものとして、各Country/Regional Clubが主催する文化イベントがあります。

  Japan Clubは、今年新たな試みとしてJapanese Whisky Nightを開催しました。これまでも日本酒イベントなど数多くのイベントを開催してきましたが、各国同級生と話す中で、本場である英国においてもJapanese Whiskyへのとても高い関心、評価を改めて肌で実感し、イベント開催に向けて動き出しました。そして、ロンドンにあるBeam Suntory UK Ltd. ("Suntory”)へLBSとしてアプローチし、多大なご協力を頂き、本イベントを開催する運びとなりました。

  50枚のチケットは販売直後に完売し、Waitlistが80名超となる等、Japanese Whiskeyへの関心の高さを開催前から実感すると共に、LBS CommunityのJapan Clubに対する非常に高い期待値を改めて認識しました。

  当日は、SuntoryのBrand Ambassadorの方をお招きし、4種類のウィスキーテイスティング(山崎・白州・知多・響)を実施すると共に、現役バーテンダーの方にもお越し頂き、Suntoryが新たにマーケットに上市したウィスキー「季」(”Toki”)をハイボールで、ジン「六」(”Roku”)をジントニックで振る舞うフリーテイスティングを実施しました。

 

参加者には、各ウィスキーの由来や味の違い、奥深さを味わってもらうと共に、寿司等の日本食も楽しんでもらい、Japanese Sake Nightと同様、大盛況で終えることができたと感じています。  

最後に、この経験を通じて、私なりに改めて以下のようなLBSの魅力を実感しました。  
  • 自国への気づき、世界を知る豊富な機会とそれらへのコミットメントに代表される、Diversityに裏打ちされたLBSのカルチャー
  • (今回のイベントをSuntory様へのアクセスから始め、ゼロから作り出すことが出来た様に)LBS Communityへ何か貢献したい、自らが主体的に挑戦したいと思ったことが実現できるLBS/Londonの持つリソース、環境
   

こうしたことは多くの在校生、アルムナイが口にするLBSの良さですが、特に受験/入学をご検討されている皆さんに、少しでも具体的なイメージを持っていただければと思い、ご紹介させて頂きました。    

私達も、日本のファンをより一層増やせる様、引続き様々な形で”日本”をLBS Communityに対して発信していくつもりです。