MBA2年のE.T.です。入学してからあっという間に1年が過ぎ、9月中旬から2年生の授業が始まりました。LBSは学生の約4割が交換留学をするため、夏休み明け、まだ会えてない同級生も多いのですが、みんなそれぞれの場所で新しいチャレンジをしています。

 

さて本記事では、先日、株式会社ビズ・リーチ 代表の南壮一郎氏をお招きし、LBSの学生に向けてアントレプレナーシップに関するセミナーをJapan Club主催で開催した際の様子をお届けしたいと思います。

 

LBSは、ロンドンという土地柄もあり、起業家やグローバル企業のエグゼクティブなどが頻繁にゲストスピーカーとして来校します。こうした学生主導のイベントは、小規模なセミナーから数百人規模の講演まで様々で、日々刺激を受ける環境に身を置くことができるのがLBSの魅力の一つだと思います。しかし、日本人のスピーカーをお呼びする機会は多くはなく、私個人として、ぜひ一度在学中に日本人のスピーカーを招待してセミナーを開いてみたい、日本にもこんな素晴らしい人がいるよ、と紹介したい!と考えていました。

 

本セミナーは「Entrepreneurial Journey」と題し、南氏のアントレプレナーとしてのご経験をざっくばらんに語っていただきました。

 

LBSはFinanceやOrganisational Behaviourの授業の充実度が高いことで知られているため、「LBSでアントレ??」と思う方もいらっしゃるかもしれません。アントレ系のElectivesは、“Strategy and Entrepreneurship”として分類されており、Pathways to start up successやDeveloping Entrepreneurial Opportunities など、アイディアを形にするプロセスをチームで体験し、授業の最後に投資家にピッチする、といった内容の授業があります。また、Entrepreneurship Summer Schoolという、夏休みを利用して自身のビジネスアイディアの可能性について調査する実践型の授業もあり、意外と(?)充実しているのです!授業以外でも、投資家とのネットワークやメンタリング・プログラムなどさまざまな機会を提供しています(くわしくはこちら)。LBSの同級生の中には、すでに自分のビジネスアイディアの実現に向けて精力的に活動している人もいます。

 

今回のセミナーは、急遽開催が決まったにも関わらず、約30人の学生が参加しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

写真2

 

最初に簡単な会社紹介をしていただいた後は、以下の内容を中心にお話しいただきました。

 

・南氏自身のキャリア

・どのような思いを持ってビズ・リーチを立ち上げたのか

・ビジネスモデルを検討する際にどのようなフレームワークを使ったか

 

加えて、南氏が普段大切にしている考え方、物事に対する取り組み姿勢など、非常に幅広いトピックについて語っていただきました。約1時間半のセミナーでしたが、出席した学生たちは南氏の話に惹きつけられ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。終始インタラクティブな雰囲気で非常に盛り上がり、終了後も多くの質問が出ていました。参加者からは「今、MBAで学んでいるビジネスにおけるフレームワークと実際の事業創りを照らし合わせながら聞くことができた。もしまたの機会があれば、もっとたくさんのクラスメートにもぜひ聞いて欲しい」という声や、「自分自身も同級生と起業を考えていて、まさに動き始めているところ。僕たちのビジネスはヨーロッパ・アメリカでの展開を考えているが、マーケットに関わらずアントレプレナーとしてのマインドや考え方がとても参考になった」などのコメントがありました。

 

自ら主催しておきながら大変手前味噌ですが、これまで学内で自分が参加したイベントの中で最も興味深く楽しいセミナーでした!笑

南氏のお話には沢山の素晴らしいメッセージがあったのですが、個人的に一番印象に残ったのは、普段から「How can I help you?」と周囲に自ら助けを申し出る姿勢を持つことによって、熱い想いを持った人との接点ができ、それが結果的に自分の人生・キャリアにおいてポジティブな影響を与える、ということでした。もし今何かもやもやしている、何かやりたいんだけど何をやったらいいかわからない、と悩んでいる方がいらっしゃったら、周りにいる何かに一生懸命に取り組んでいる人に「私にできることある?」と勇気を出して聞いてみると、意外な一歩が踏み出せるかもしれません。日々忙しい中で簡単ではないですが、私自身も「How can I help you?」の姿勢を大切にしていきたい、と思っています。

 

是非もっと多くの学生に聞いて欲しい!!恒例行事にできないかなあ、、、なんて勝手に企んでいます。南社長、貴重なお時間を頂き本当にどうもありがとうございました! 

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る