「将来の起業へ備え、今よりも経営寄りの仕事がしたい」

「グローバルでリーダーシップを発揮し、インパクトを生み出したい」

このような想いで、MBA(海外)やコンサルに興味を持ち、その2つで迷っている方が非常に多いように感じます。私はコンサルを経験した後にLBSに来ましたので、様々な方のキャリア相談をお受けするうち、どちらに行くべきか、あるいはどちらを先に行くべきか、等でお悩みの方に多く出会いました。

キャリア選択に答えはないため一概にお答えできませんし、筆者の限られた経験から語らざるを得ないという制約はありますが、本稿が上記のような志をもつ皆様へ参考になればと幸いです。

 

(細かい比較論をする前に)考慮すべき大前提

  • キャリアゴール・興味・リスク嗜好・年齢・学歴等により向き・不向きは大きく異なる:当たり前のことですが、「日本の金融に貢献したい、35歳、学部、子持ち、帰国子女」という方と、「製薬のイノベーションに携わりたい、28歳、MD、独身、純ドメ」という方を一緒くたに議論し、「MBA行ってからコンサル行きましょう」などと一般化することはできません。更に、コンサルもMBAも「とりあえず行っとけ」という認識を持たれがちですが、いずれに関しても向いている人とそうでない人もいますので、まずはご自身のバックグラウンドや興味を客観的に整理してから、取り得るオプションを検討する必要があります。

 

  • 宝くじ的な要素が大きい:MBA(本稿では海外に限った話をします)にしろ、コンサルにしろ、どの学校/会社を目指すのかによって難易度は大きく異なります。仮にいわゆるTier1スクールや トップファームと呼ばれるところを目指す場合、枠が(特に景気後退時は)非常に少なく、宝くじ的な要素が大きくなります。例えば、FT Rankingの上位10校や、MBB(McKinsey, BCG, Bain)でなければ行きたくない、ということになれば相応の実力に加えて運が必要となりますし、時間をかけてプランを練っても思うような結果が出ずに計画崩壊、というリスクも小さくありません。トップスクールでなくてもどうしてもMBAに行きたいのか(あるいはトップファームでなくてもコンサルに行きたいのか)、あるいは他オプションも受容できるのか、というバックアッププランを練り、心づもりをしておくことは大切であると考えています。

 

MBAとコンサルで得られるものの違い

  • Global exposure/leadership: コンサルは外資・日系ともに海外出張や海外転籍などの機会が豊富に存在します。それは事実です。しかしそれは、グローバルレベルでのコミュニケーション力を有しているコンサルタントに限った話です。あくまで仕事であるため、例えば英語すらままならない純ドメと、日中ハーフの帰国子女(三ヶ国語堪能)の同期同士で比較した際、どちらが海外案件に入りやすいのか、というのは一目瞭然です。特に外資トップファームには英語に苦労しない人材が豊富にいるため、社内での競争な苛烈です。日系であれば、案件さえあれば海外に長期で行ける人もいるようですが、私の友人は「海外には行けるけれど、日本語もしくは日本式のコミュニケーションになってしまっている」という悩みを持っており、日系は日系なりの悩みがあるようです。
    一方、MBAは合格さえしてしまえば、英語力にかかわらず、海外で外国人とグローバル・コミュニケーションをすることになります。外部の機会も多いため、インターン等で海外での勤務経験を積むことも可能です。これは英語を苦手とする人にとっては大きなポイントでしょう。

 

  • 本気度:再度当たり前シリーズですが、コンサルティングはクライアントのために行う仕事であり、MBAは学校です。いくらMBAにはインターンや疑似コンサル授業などがあるとはいえ、当然ながらその質・本気度はコンサルティングと比較できるものではありません。学校は自分さえよければそれで問題ないですが、コンサルタントは自分のために仕事をしているのではなく、あくまでクライアントのカウンセラーであり、クライアントにインパクトを生み出さなければ無価値です。誤解されることも多い職業ですが、少なくとも私が出会った同僚たちは、クライアントのために無私に、がむしゃらに働く人達でした。一社一社、一人一人異なるクライアントのために価値を出し続ける、その強烈なプレッシャーのもとで日々働くというのは、学校での勉強と異次元の成長カーブを生み出すことになります。

 

  • 成長ループ:MBAの真骨頂の一つは、「自分で立てたキャリアやリーダーシップの仮説をもとに、多様な機会を自分で選択し、試し続けることができる」ことにあります。仕事ではないので、こんな業界に興味がある、こんな起業アイデアがある、こんなリーダーシップスタイルを試したい、等の仮説をもとに、人に会いに行ったりインターンをしたりグループワークをしたりして、成功や失敗をし、自省して学びを得る、というループを3ヶ月単位ほどの高速で回すことができます。仕事と違い制約が少ないため、いくらでも試し、失敗することが可能です。つまり、自ら仮説検証していく、「内省型の成長ループ」といえます。
    一方コンサルの良い点として、「尊敬できるロールモデルから、高頻度でフィードバックをもらうことができる」という点があります。厳しい環境をくぐり抜けた先輩・後輩や、CxOレベルのクライアントから、日々直接的・間接的にフィードバックをもらうことができるため、自省だけでは気づき得ない視点を得ることができます。このような、「外部フィードバックによる成長ループ」を最大化するために、ファームによっては週次でのフィードバックが文化として根付いています。筆者がMBAに来てからすぐに感じた不安点として、客観的なフィードバックが入りにくいということがありましたが、「学生が故の選択の自由度の高さ」と、「責任が少ないが故のフィードバックの緩さ」はどうしてもトレードオフになってしまうのだと思います。

 

結論: すべては志次第

色々と書かせていただきましたが、一番お伝えしたいことは「どのような志をお持ちか、それ次第である」ということです。相談をお受けしていて、「コンサルとMBAのどちらが有利ですか」「とりあえずMBA(またはコンサル)に行っておいた方がいいですか」といった、「損得勘定」でお話を進められる方が数名もいらっしゃいましたが、これは個人的には大変残念なことです。無論誰にでも生活があるため損得勘定は非常に大事なことですし、志が一番と語る私は青すぎるのかもしれません。しかし、MBA受験、コンサル業務はいずれも過酷であり、「とりあえず行っておくか」という方が務まるほど甘くないという側面もあります。更に、MBAもコンサルも、未来のグローバルリーダーを輩出することが社会的な意義の一つであり、私も日々そのような意識で会社のチームメンバーと接しているつもりです。5年後でも、20年後でも良いので、社会に対してどのような貢献をしていきたいのか、そのためにどこにいたいのか、どのような経験・スキルを身に着けたいのか等の観点を踏まえ、社内外のロールモデルと話した上で自分なりにしっかりと立ち止まって考えることで、MBA or コンサルという悩みにアプローチすべきではないかと思います。

稲盛和夫氏は、「仕事をやり遂げるには大変なエネルギーが必要。そのエネルギーは、自分を励まし燃え上がらせることで起こってくる。自分が燃える一番良い方法は、仕事を好きになることです」と述べ、仕事の志の大切さを説いておられます。MBAもコンサルティングも本当に素敵な選択肢であると私は思っており、読者の皆様がどちらに行くにせよ、ご自身の志に向かって燃え上がることができることを祈っています。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る