気が付けばもう6月。早くもロンドンに来てから約1年が経ったこととなります。現在二年生であるMBA2018の一部の学生は既に卒業し(厳密には卒業式は7月ですが)、現在一年生の我々MBA2019も今週末の期末試験を潜り抜けると、ほぼMBA一年目が終了することになります。筆者も明日が最後の試験で、その後一部授業の課題はあるものの、明日で実質的に終了です。あ~、時間が経つのはなんと早いことか・・・。試験勉強をしなくて良いのか?という素朴な疑問はさておき、今回は非常に簡単ではありますが、MBA2019(日本人)の夏の過ごし方を皆さんに簡単にご紹介したいと思います。

 

そもそも夏の過ごし方は人それぞれで、大別すると以下となるようです(重複あり):

①    インターン

②    出身企業の現地法人・支社等に勤務

③    起業準備

④    LBS主催のEntrepreneurship Summer Schoolに参加

⑤    企業との短期プロジェクト

⑥    教授と共同研究

⑦    過去一年間の授業を総復習

⑧    旅行、等

 

インターンについてですが、営利企業で実施する人が大半ですが、NPOや国際開発金融機関でのインターンを予定している人もいます。営利企業の業種としては、戦略コンサル、投資銀行、PE/VC、Tech、Startupなどです。大半の人は夏から開始しますが、一部学生については、学期中から既に開始しており、そのまま夏も継続、という事例もあります。地域も日本に帰国する人のみならず、イギリスやケニアなど、幅広い地域でのインターンを予定しているようです。日本人以外を見渡しても、コンサル、投資銀行、PE/VC、Tech系、Startup系はやはり人気で、ある程度日本人のインターン先も、MBA全体のインターン先を反映しています。

 

またLBS主催のEntrepreneurship Summer Schoolについてですが、これは起業ネタや新規ビジネスアイデアを持っている人が、実現に向けて教授やMentorのサポートを受けて具現化に向けて検討をしていく場です。在校生はもちろんのこと、卒業生やLBS外部の人にも門戸が開かれており、応募にはいくつかの選考プロセスを経る必要があります。なかなか選考は厳しく、今年もWait listに回されてしまった人もいるようです。詳細は以下をご覧ください。

https://www.london.edu/programmes/entrepreneurship-summer-school

 

みんなが夏の生活でどのようなことを得たのか、何を感じたのか、将来の人生にどのように繋がりそうと感じたのか。この辺りを秋学期にみんなとビールを飲みながら議論するのが楽しみです。またその頃にはMBA2020の皆さんも入学しています。新しいメンバーで、LBS内での日本人の存在感をますますアピールしていければ、と思っています。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る