MiFFT2017の山内絢人です。MiFFTを今夏に卒業し、この10月からイギリス・ケンブリッジ大学のロースクールでコーポレートローを勉強しています。

この度、私の母校である長野県立飯田高校の同窓会報に寄稿させていただきました。
海外にいる同校OBが、海外で得た気づき・知見を共有するというコーナーの記事ですが、私自身がLBSでの1年間の生活を振り返る非常に良い機会ととなりました。

私がロンドン/LBSで得た気づきとして、

・社会全体の話として、今年夏までロンドンにいて感じた、あらゆる人間を「ロンドン市民(Londoner)」として受け入れ、マイノリティーを包摂する多様性に開かれた社会・コミュニティづくりの大切さについてと、

・社会のトレンドとして、今後のテクノロジーの加速度的発展により、個々人が位置する物理的な場所はさほど重要でなくなり、それぞれが属する(バーチャルも含めた)コミュニティーにユニークな、ソフトな価値にこそ人が集まるということと、

・最後に、わが地元の南信州について、これまで都市圏とのアクセスが悪かったこともあって、ソーシャルキャピタル(社会関係資本)を蓄積させてきており、コミュニティとしての魅力・ソフトな価値は十分に備えているため、引き続き世界に目を向ける開かれた地域であるべき、

といった趣旨のことを述べさせていただきました。(記事前文は画像ご参照)

上記3点目については、今年3月に、LBSの学生128人に飯田市での農泊を実際に体験してもらい、地元の人々と交流を楽しんでもらう企画を実施する中で感じた私の気づきでもあります。(LBS Japan Trek 2017 の記事はこちら:http://www.lbsjapan.com/archives/3091

農泊体験では、言語でのコミュニケーションこそ十分に取れなかったのかもしれませんが(そしてそれは今後のインバウンド拡大の課題でもあるというフィードバックも得られ非常に有意義でしたが)、相手を大いに歓待し受け入れるという今回の飯田の農家の方々の姿勢には、多くのLBSの外国人学生にも非常に喜んでもらえました。私は、こういった、飯田の人々自身が気づいていない潜在的なソフトな価値こそが、今後の体験・交流型インバウンド拡大に向けての鍵になると思いますし、今後の地域コミュニティ作りの肝になると思っています。

何より、こうした諸々の気づきは、昨年度、LBS Japan Trek 2017に企画側として携わらせていただき、入学当初から約半年間の準備を経て、さまざまな仕掛けを試み、最終的に多くの関係者を巻き込みながら、LBS Japan Trek 2017を皆で盛り上げていく中で得られたものです。非常に貴重な経験をさせてくれたLBS Japan Trek 2017及びLBSには本当に感謝しています。

引き続き、地元南信州を盛り上げたい一個人として、色々な形で飯田市との協業を続けさせていただければと思っておりますし、LBSの日本人Alumniとしても、母校LBSと日本とのつなぎ役の一人として、微力ながらも貢献を続けさせていただければと思っています。MiFFT2017 山内絢人飯田高校同窓会報

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る