1.     基本情報

【職歴】証券会社にて機関投資家向け日本株営業を入社以来5年

【留学形態】社費

【英語・海外経験】出張/研修のみ

【受験校】LBS, UCLA, UNC

【合格校】LBS, UCLA, UNC

【GMAT】730 (Q51, V37)

【TOEFL】105 ((R30, L27, S23, W25)

2.     Why MBA?

a. 金融知識を体系的にしっかり学びたい b.グローバルなネットワークを作りたい c.自分の将来のキャリアの幅を広げたい

3.    Why LBS?(大きい理由の順に書きます)

a.尊敬する上司の出身校

偶然にもLBS卒(MBA)の上司が同じチームにおり、MBAに行くべきかどうか等々相談させて頂いていた。チームの中でも能力が際立って高く、仕事の面でも目標としたい方だった。その人のようになりたいと強く思い、MBA受験を決めた時からLBSを第一志望にしようと漠然と考えていた。

②評判

ランキングに代表されるようにトップビジネススクールの一つであることに間違いはないと思った。ファイナンスに強いという評判も自分のニーズと合致していた。

③ロンドンという地理的優位

昨年11月にビジットをした際改めて思ったが、実際のビジネスを垣間見ることができるスピーカーセッションや授業内容にとても魅力を感じた。ロンドンという世界有数の都市の中心に学校が位置しているからこその利点だと思う。

④卒業生の満足度

学校を知る過程で多くの卒業生の方々にお時間を頂き、コミュニケーションを取らせて頂いた。皆さんとても良い方で、かつLBSに行ってよかったと異口同音に語っておられた。理由は様々だったが、それだけ卒業生に愛される学校であることを強く感じた。

4.    受験スケジュール

TOEFLに8ヶ月、GMATに5ヶ月を割いた。重複して勉強した時期もあるため、両方のスコアメイクに2014年1月よりおよそ10ヶ月弱を費やした。弊社内で留学候補生が自分以外にも7人いたこと、彼らのスコアがかなり高かったこともあり、ほぼLBS一本に絞っていこうと夏くらいから考えていた。10月中旬から2ndラウンド出願に向けてエッセイ/インタビュー練習をスタートさせた。何をいつから始めるか等々、スコアがある程度揃ったこともあり、カウンセラーのVinceの指示通りに進めた結果、無理のないスケジュール感で進めることができた。自分のような人間にとってはカウンセラーの存在はとても重要だった。

<2014年>

1月:社内選考応募、結果が出てからでは準備期間が少なくなると考え、AGOS受講開始。何をやれば良いのか等々知識がほとんどなく、塾に行けば自分で情報収集する時間を節約できると思い、AGOSへ。

3月:社内選考通過が確定。TOEFLの本試験を受け始める。

5月:GMATの勉強をTOEFLと並行して開始。TOEFLは100を超えるものの一向にスコアが伸びず、かつ毎回各セクションの点数が安定せず、困る。

7月:社内の受験校調整(留学候補生が8人もいるため)。ほぼLBS一本に絞ることを決める。

8月:LBSの卒業生の方々とのアポを取り始める。11月くらいまで続けた。TOEFL105獲得、GMATが心配だったためVinceと相談した上でとりあえず一旦TOEFLはここで打ち止め。

9月:GMAT初受験、670。700超えはTop校には必要と言われていたため、Verbal対策を改めて強化。AGOSの中山先生に一貫して習っていたが、個別のレッスンもお願いし、自分の弱点の洗い出しと強化に努める。

10月:GMATが2回目で730が出たため、カウンセラーと相談してスコアメイクはここで終了。

11月〜12月:UNC, LBS, UCLAの順に出願。

12月〜2月:インタビュー練習

<2015年>

2月:UNC合格

3月:LBS合格(進学決定)

(4月:UCLA合格)

GMATの2回目は今でも覚えている。というのも1回目よりも完全に出来は悪かったと自分で思っていたから。問題の性質上正解すればより難しい問題にぶち当たるので、Verbalは試験中に特に辛抱が必要。結局Verbalは2回とも最後まで解くことはできなかった。たしか730を出した時も3〜4問程度解けなかった。数学は特にVerbalが苦手な人は満点が必須。満点は基本的には狙えるはずなので、ここは安定して得点源にしたほうがいいと思われる。エッセイ準備のために卒業生や在校生の方々に連絡をしたところ、ありがたいことに東京やキャンパスビジットの際のロンドンでたくさんの方にお時間割いて頂き、色々な話しを教えて頂いた。自分の中での学校のイメージを作り上げるにはこの過程は欠かすことができないと思う。是非積極的にアプローチしてみてください。エッセイでもインタビューでも自分のこれまでの経歴や将来の目標について、しっかりと具体的に述べることが重要だと思う。

5.    最後に

特段バックグラウンドに特徴があるわけでもなく、経歴も特段普通の自分がいい結果を得ることができたのは、ひとえに妻をはじめ周囲のサポートがあったからだと思う。私が常に一つだけ心がけたことは自分を追い詰めないこと。もともと勉強をすることがあまり好きでないので、遊びに行ったり、飲みに行ったり、ドライブに行ったり、と自分をリラックスさせて勉強するときは効率的にできるように心がけていた。メンタル的に参ってしまうと勉強しても効果はないと思う。そういうときは数日勉強から離れて自分をリラックスさせてあげてください。最後に、個人的には就活にしろMBA留学にしろ、自分という人間について色々と考え、分析をすることが重要だと思う(例えばエッセイ準備)。もちろん社会人で何をしたとか、大学生で何を成し遂げたとか、それも重要だが、自分を思い返してみると今の自分の根幹になっているのは、社会人になって学んだことよりも、小さいころの経験、思い出、そういったものだった。そういう部分は見落としがちだが、おそらくとても重要だと思う。学校側も最終的には「あなたはどういう人なのか」をエッセイやインタビュー等々で知りたいということに尽きると思う。是非そういったことも心に留めといて頂ければと思う。

 

 

 

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る