1年目が終わり、大学生以来の長い夏休みであった。文字通り世界各地でのインターンシップに大きな期待と少なからずの不安も抱えて向かった同級生を横目に、インドへと歩を進めた。ご縁があって、わずか2週間だけではあるが、UNESCOが協賛するプログラムの一環である世界遺産保全のボランティア活動に参加させていただく機会を得たのだ。インド南部の小さな町、Badami、同級生のインド人は北部から来た者が大勢で、誰に尋ねてもその町については名前も聞いたことがないという。夜行バスに揺られて着くと、土埃だらけの道。人に雑じり犬、鶏、牛、猿に豚とが陽の下を往来していた。

roadroad2

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産となってある程度観光客は訪れるようになったものの、地元の人々の生活水準を大きく向上させるほどには恩恵を受けることがなかった。翻って地元の人々が遺跡を軽視し、遺跡自体が損なわれることを派遣元は危惧しているとのことだった。そこで遺跡自体の保全作業はもちろん、地元の人々へ遺跡や周辺環境の整備・維持の重要性を説明し、理解していただき、将来の行動に繋げるというのがボランティア派遣の目的だった。

 

プログラムの中、少なくない時間が地元の子供達との交流にあてられた。訪れた学校は電気も水道も通っていなく、校庭に溜まったゴミを豚の親子が漁っており、職員室の黒板には各クラスの男女別の数だけでなくカーストの低い子供の数も明記され、教師は子供が騒ぐと枝のようなものでぴしゃりと打ち据え、それでも大勢の子供達が裸足で走り回り、カーストが低いのであろうか数人の子供達が距離を保ち校庭の隅で土を掘り返しては埋めていたのを、まなざしていた。

school

ゴミを路上に放置せず町を清潔に保ち、遺跡を損じることなく、いま以上に観光客を呼び込むことができれば、生活の質はより良くなるはずだ、と英語と通訳を介した現地語で授業を行った。子供たちは理解しているように見えたし、我々が遺跡の周囲の清掃を含めた保全活動を行っているところが地元新聞とテレビ局に取り上げられたことから、ある程度目的は果たせたのではないかと参加者間で自賛し合った。

 

Badamiを発つ数日前、町の中にある、世界遺産ではないが重要なものだという人造湖と遺跡群に、子供たちを連れて写生を行った。女たちが湖で洗った衣服を石段に叩きつける音が響き、その傍らではまだ小さい幼児が水遊びをしている。しばらくすると遺跡の管理人を名乗る男が我々に退去を命じた。子供が訳してくれたところによると「管理上危ないから」だと言う。ここも観光地になってしまえば、女たちはどこで洗濯をして、子供たちはどこで遊ぶのだろうか。

lakelake2

 

 

 

 

 

 

ロンドンに帰り、同じスタディグループのインド人に新聞記事を見せると、それはローカルな言語で書かれていて読めない、という。ボランティアは得難い経験であったが、地元の人々の居場所を奪う一助でしかなかったかもしれないと思うと、ふと、しらけた気分になった。photo

(MBA2014 T.T)

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る