先日のLBS説明会でも好評でしたので、LBS学生の一週間を少しご紹介したいと思います。

下の図が、Term 1(1年目の9月-12月)のとある一週間の予定です。

Capture

  • 濃い青が、授業の時間で、学校のカリキュラムで決められている時間
  • 薄い青が、授業のアサインメントを個人やグループで行う時間
  • 黄色が、クラブ活動に関連する時間
  • 緑色が、個人的な活動・趣味の時間

①濃い青:授業

Term1は全てコア(必修)となり、約80人一クラスで授業を受けます。

授業はいわゆる階段講義室での授業

71887_551546127202_1849573928_n

グループワークに分かれての個別の作業(ケースのこの部分について議論して結論を出す、アサインメントを議論しながらといてみる、PCルームで、実際に手を動かしてシュミレーションモデルを組んでみる等)

199208_545571525352_1427963953_n

 

そして時には、青空の下で授業(この写真は、term1ではなく、term3の5月くらいのものです)

305835_10151577378060932_1014566716_n

とバリエーションがあります。

Term1は、コア科目が5科目ありますので、1クラス2.5時間の授業が、週5コマあることになります。 LBSでは、金曜日は原則授業がないので、月曜~木曜にこの授業は行われます。

 

②薄い青:個人勉強、グループワーク

アサインメントは、ケースをあらかじめ読んでおく、個人ごとのいわゆる宿題をメール等で提出、というものもありますが、 多くの時間はグループワークにさかれます。 グループワークは、6,7人からなるStudy Group単位で提出するアサインメントに関するものです。 このグループワークも種類が豊富で、Essayを書くもの、Computer Simulationを行うもの、中には想定する投資家向けのビジネスアイデアプレゼンテーションを ビデオで撮影して提出するものなどもあります。

グループワークは、学校の中にあるグループワーク用の個室や、カフェテリア、天気がよければ外の芝生の上で行います。 芝生の上は気持ちがいいのですが、得てして議論よりもお互いのことを話したりする時間の方が長かったように思います。

この週は、Corporate Financeのグループアサインメントを行うため、何回かミーティングを行い、Caseの読み込み、意思決定に必要な数字の抽出、授業で習ったコンセプトの応用方法等を議論しました。

60733_546007466722_295915919_n

③黄色:クラブ活動

LBSには、数多くのクラブが存在しており、そのどれもが活発に活動しています。 やりたいことができるクラブがなさそうなら、自分でクラブを立ち上げることも可能です。

私の場合は、Term1はHealthcare clubが主催した、Johnson & Johnsonのビジネスコンペティションに参加したり、 Tennis Clubに参加し、学校のすぐ横にあるRegent’s parkのテニスコートでテニスをしたり、 Japan Clubイベントのオーガナイズ等をしました。

この週は、Japan Clubが主催するSushi Nightというイベントに向けて、Organizerでの打ち合わせや各クラスごとに告知をするための準備等に時間を使っています。

Sushinight

④緑色:趣味

学校の友人とピクニックに行ったり、各国のおいしい料理が食べられるお店に行ったり、カラオケに行ったり、テニスやサッカーやスカッシュをしたり、ミュージカルを観たり、”ちょっと”スペインまで旅行に行ったり、 個々人が自由にロンドン/ヨーロッパでの学内/学外での生活を満喫しています。

この週は、土曜日に友人と個人的にテニスを楽しみ、日曜日はFlatmateとご飯を食べに行ったようです。

IMG_0004

説明会の際にもお伝えしましたが、カリキュラムそのものがぎっしり詰まっているというよりは、学生が主体的に”何か”に取り組む余地を持たせたものになっているように思います。 Matureな学生達は、その時間を使って、本当に色々なことに主体的に取り組み、授業以外からも多くのことを学びとっています。

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る