家と学校を往復する毎日が続いていたので、学校も「Go outside Regents Park!」と所々で言っているし、週末にバスで嫁とコッツウォルズを訪問してきた。前にロンドンに出張に来た時にこちらに滞在する商社の方に薦められてから約4年でやっと実現!
CIMG0726small
バスはまずブレナム宮殿に。行く当日まで気付かなかったが、この宮殿は世界遺産であり、ウィンストン・チャーチル卿の生誕の場所でもあるらしい。何でもバッキンガム宮殿の60倍という広大な敷地。考えてみると、今の今まで英国はロンドンしか行ったことがなかったが、車で数時間を離れるだけで日本の田舎のような広大な畑が広がり、大変のどかな雰囲気であることに気付く。ネットで検索してみると、英国の面積は24万4000km2(日本の約3分の2)、人口は6,097万人(2007年)であり、ロンドン都市圏人口は約1,250万人ということで、人が集まり国際化している都市はロンドンくらいで、その他のエリアでは伝統的な文化が多く残されているのではないかと想像を膨らませた。

CIMG0737small

 

そして、コッツウォルズ。こちらも行くまでは都市名だと勘違いしていたが、イングランド中央部に広がる標高300m以上に達する丘陵地帯を言うらしく、時としてイングランドの中心と呼ばれるらしい。3つの街を散策したが、家のほとんどが煙突を持つ石造りで、古いものは11世紀くらいに建てられたものらしい。どの街も規模は小さく、歩いているだけでのどかな気持ちになれた。

 

 

 

本日はサッカー部の試合にも参戦!相変わらずフィジカルは全く歯が立たないが…

在校生ブログ「ロンドンビジネススクール(LBS)MBA留学記-国際金融修行中」より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る