最近の週末は天気がよい。そういうわけで今度はロンドンの南西のリッチモンドパークまで自転車で出かけてみた。ここは今年からLBSのMiF(Master in Finance)とパートタイムMBAを組み合わせたMiFPTのEさんから教えてもらったのだが、なんと巨大なことか。ロンドン旧市街、つまりイーストエンド(ロンドンブリッジの辺り)からウェストエンド(オックスフォードサーカスの辺り)と同じくらいの大きさがある。隣接しているウィンブルドンパークとあわせると、ロンドン中心にある巨大なハイドパークとリージェントパークをあわせた大きさの3-4倍くらいはあるだろうか。
ロンドン南西側はまったく言ったことがなかったが、Sloan Squareの辺りからKing’s Wayという道をまっすぐいってテムズ川を渡りPutneyの繁華街を通り過ぎると巨大な公園が顔を現した。見渡すと多くのサイクリストたちがいて、マウンテンバイクはトレイルを、ロードバイクはターマックを集団で疾走している。
早速公園を一周する道に入ると公園にも関わらずいきなり小さな峠が連続で現れて、これは結構しんどかった。何せこの公園まで私がずっとリードしていて、空気抵抗は全て私が被っていたのだ。冗談ではなく久しぶりに足が攣るかと思った。とはいえ、道が落ち着けばそこはロードバイクの世界、信号やさえぎるものがない中を時速30-40kmで疾走するのは本当に気持ちがいい。こんな公園が近くにあったら毎週ここでトレーニングするのになぁ。。。 ちなみにこの公園は野生の鹿の大群がいたりするのだが、探すならぜひ自転車か車で。あまりに広いので歩いて探したら日が暮れてしまう。
IMG_0429
信じられないほどの快晴
IMG_0426
時速35kmで公園を駆け抜ける
IMG_0433
再びシンガポール陸軍氏と

在校生ブログ「自転車好きのイギリスMBA留学」より転載

 

 

 

 

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る