年が明けたところで、昨年のベストレストランを選んでみたいと思う。
私は妻もいて家でご飯を食べることがほとんどだし、私費留学でお金があるわけでもないので、高いお店にいくことはほとんどない。たぶん外食の相当部分はパブに消えているような気がする。ただ、そんな私でもいくつかこれは本当に美味しいと思えるお店があったのでレストランおよびパブの一番をここで紹介してみたいと思う。
ベストレストラン・・・FIFTEEN
2010年にいったレストランの中でダントツによかったのが東ロンドンのFIFTEEN。最寄り駅はOld Streetだ。大学の同じゼミの同期が3人ロンドンとパリにいるので欧州ゼミ忘年会をやろうということで予約したのがこちら。結局パリの一人は大雪にこれず、ロンドンのもう一人とその奥さんと3人で訪れた。FIFTEENは予約を非常に取りにくいことで有名だそうだ。ここはイギリスではGordon Ramseyと並ぶ有名シェフJamie Oliverの経営するレストランだ。しかもスタッフは社会的に恵まれない人や元犯罪者などからなり、彼らの社会復帰を支援するという社会派のミッションを掲げている点も非常に興味深いところだ。
今回はランチだったが、2コースで24ポンド、2コース+デザートで28ポンドとこの手のレストランとしては良心的な値段だ。私が選んだのは下の写真にあるラグーパスタとローストロインだ。どちらもここがロンドンであることをまったく忘れさせる美味しさだ。ワインもいただいてトータルで一人35ポンド。 このコストパフォーマンスは満足度が高い。夜は高いのでなかなか難しいだろうが、また是非ランチで行きたい。
IMG_0747
FIFTEEN
IMG_0745
Mafalde ‘fatte in casa’ with a rich carne miste ragŭ, parmesan, gremolata and Fontodi olive oil
IMG_0746
Roast loin of Pete Gott’s Cumbrian rare breed pork (porchetta style) with cannellini beans, cavolo nero and salsa verde

在校生ブログ「自転車好きのイギリスMBA留学」より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る