9月24日でSeptember Termも終了し、いよいよ来週からAutumn Termが始まる。
そこでSeptember Termの授業を紹介したいと思う。

最初はUnderstanding of General Managementだ。授業は計6回、1回に1ケースなので計6個のケースをやったことになる。扱ったケースの企業はホンダ、アップル、ピープルエクスプレスエアライン(格安航空会社-2回分)、AMEX、ボディショップだ。このクラスはMBA初めての授業ということもあってか、Brandon Lee教授( http://www.london.edu/facultyandresearch/faculty/search.do?uid=blee )はみんなに沢山発言させてMBAスタイルに慣れさせようとしていて、とても楽しみながら授業を受けることができた。私自身も最低1クラスに一度の発言をノルマとして課し、曲がりなりにも毎回1-2回は発言することができた。まだ質は十分ではないので、早くみんなにオッと思わせるような発言ができるように頑張りたい。

個人的にケースで面白かったのはAMEXだ。コンサルタントだったHarvey Golubが瀕死のAMEXを救う話だが、彼のターンアラウンドマネージャーとしての仕事の細かさに(個人的にはマイクロマネジメントに近いようにも思えたが)妙に感心させられた。

ホンダのオートバイのケースでは、ホンダの戦略的アプローチを描写したケース(Aストーリー)と関係者へのインタビューを元にした行き当たりばったりのケース(Bストーリー)の落差が印象的だった。さらに、その後に両ストーリーの関係者(Michael Goold, Henry Mintzberg, Richard Pascal, Richard Rumelt)でどちらが本当のホンダかの論争を追った”The Honda Effect Revisited”が大人の知的な喧嘩をみているようで楽しかった。実際はどちらかが正しいわけではなく、その中間が実のところであるように感じた。今後のケースでは、テキストに出てきている表層だけではなく、その裏にあるストーリーの存在も意識しながら読んでいくようにしたい。

本田宗一郎はこういう人

この授業については同期のMさんが書いているので、こちらもどうぞ。

http://thisisthewayiam.blog114.fc2.com/blog-entry-15.html

在校生ブログ「自転車好きのイギリスMBA留学」より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る