Chairmanとして準備にあたっているAsia Business Forum2011の今年二回目のミーティングが昨日行われた。

ある程度の形になってくるまでは、あえてあまりブログでは紹介してこなかったが、昨年から準備を進めており、日程は5月26日(木)、場所はLBSのすぐ横にあるRCOGという講堂に決まった。講演者、パネリストの招致活動も始めている。

掲げるテーマは「Evolving Asia: Growth, Challenges, Opportunities」

ビジネスの観点から、どうやってアジアにおけるチャンスを活かせるかをともに考え、アイディアを具体化させよう、という趣旨だ。

フォーラムの主な構成要素は3つ。
・Keynote Speech
・Panel Discussion
・Mingling

アジアで活躍する企業(グローバルカンパニー、ローカルカンパニーを混ぜたい)の経営陣、アジア経済の専門家、起業家などを招待し、LBSの教授をfacilitatorとして議論を進める。勿論、参席者の皆さんも、どんどん議論に参加してほしい。

Panel Discussionの大まかなテーマ設定は以下の4つ。
・Finance
・Macro economy
・Entrepreneurship
・Luxury goods

どれもみんなで頑張って準備しているが、それぞれのパネルテーマごとに、Panel Championという役職を設定し、そのテーマに深い関心と情熱を持ち、そのフィールドで卒業後ビジネスをしようとしているLBSの学生に就任してもらっている。従って、例えば内部ミーティングの際には、Luxury goods panel championの人たちの席のあたりだけ、極めてハイソサエティーな空気が流れている。彼らも大変情熱的に、ご自身、LBSの先生、他の学生らの人脈をフルに活かして、アジアで輝きを放つトップブランド(銀座に本店がありそうなブランドなど)のトップレベルから、既に前向きな回答をもらったりしている。Macro Economyには、2歳だか3歳だかで小学校に通い始め、LBS入学前には中国の政府系金融機関で異例の早期昇進を成し遂げてきたエリートに就任してもらい、ガンガン中国に連絡してもらっている。その他も、みんなのすごさについては枚挙に暇がなく、僕はただ人当たりよく、良い空気を保つ役を果たしている。

当日は、一応僕も僭越ながらオープニングスピーチをする予定。

もしお近くにいらっしゃるご予定があれば、チケットは有料になってしまう予定だが、面白いものになると思うので、お越し頂ければと思う。

現在ホームページも作成中なので、出来上がったら紹介したい。

在校生ブログ「投資家サッカー選手のロンドンビジネススクールMBA留学記より転載

(c) LBS Japan Club 2012▲ ページ先頭に戻る